スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共同幻想論の楔 

 タイトルは仰々しいけど、内容はおそらくまるきり逆方向。わかんなかったって話だから。これに関しては、ネタバレとかそういうのまったく考慮してないです。わかんなかったって話だから。余計な装飾を挟むと完全に懐古モノになってしまうので、ばっさばっさと記録するか。

 昨日、一般教養として知っておくべき映画とか小説とか音楽教えてくれ をざーっと眺めて、「教養・常識ってここなのか?」とウンザリしてしまったのが発端。
 あ、ちなみに、他の小説だのなんだので「なに意味ワカンネーこと突然いいだしてんだ」と思ったときは大抵聖書を踏まえてる、ってことがわかりやすくていいと思うので、旧約・新約聖書は一般教養なんだと思う。何故か、暗喩は聖書ベースが非常に多い。
 あと、「そして誰もいなくなった」「オリエント急行の殺人」は齢を重ねるにつれネタバレに触れる機会が圧倒的に増えるので、もうタイトル知ったらすぐくらいの勢いで読んでおいた方が嬉しい気がする。

 閑話休題。私にとって、10代のときこのリストに代わるものって、立花隆の「僕はこんな本を読んできた」って本だった。私は立花隆大好きっ子だったのでこういうセレクトになるわけだ。読んだ方はご記憶にあるか、「平和な時代の中高生がこれ読んで、何を思えというのか」というものが多数だった、はず。まだそういう判断もつけられないお年頃だったのよねー。
 基本的に私にとっての読書は現実逃避だし、ほっといたら絶対触れないような本たちではあるが、自分の読解能力的に読むことは可能であるかどうか試そうか、何か楽しいことが待っているのか、勧められるからには何かあるに違いない、と、いくつか読んだ中に、「共同幻想論」があった。
 この本が理解できなかった。文章の一つ一つ、段落の一つ一つ、書いてあることはわかる。取りあえず最後まで読めた。しかし、核なのか輪郭なのか色なのか前提なのか全容なのかもよくわからないけど、何かが伏せられてると感じた。伏線だらけなのに伏線張ってない!と主張されてるような。なにせ理解出来ないもので、こんなえらい抽象的ないいかたしかできないんだけど、とにかく何かがまったくわからなかった。取りあえず何がわからないのかくらいは把握したいと、メモまでとりながら何度も読んでみたけど、結局わからないままで、「ああもういいです。わかりました私の脳はこの程度です」と諦めた。これを前提に議論できる人ってどんな頭の構造なのか、と目眩がした。本読んでて「何がわからないのかもわからない」というのを多分そのときに初めて体験したのです。それまでは、わからないものが何なのか位はわかってたから。

 で、月日は経ちまして、上記のリストを眺めつつ、「そういえば挫折した本があったな…」と、今なら書評や「わからなかったこと」を解説してくれてるサイトなどもあっさり見つかるのではないかと、検索してみた。まずは定番wikipedia。

共同幻想論

それは、共同幻想論は難解というよりも、きわめて不明瞭な本であり、ロールシャッハ・テストのように見る者によって多元的に解釈できてしまうからである。


 ああ、そーいうことだったのね!!そこらの書評よりストレートで助かりますがな。
 私に出来なかったのは、読解能力に付随する理解ではなく(いや本の意図が読めなかったんだからこれは確実にあるけど)、自分の前提を確認することと、その先へ進むこと。出来ねーよ。当時ひたすら「本から得た理性や価値観しかない」ことにもがいてた私に、この能力は無かった。今も多分無い。私にあるのは自分にとっての取捨選択へのプライドだけ。
 ロールシャッハでいう、蝶に見える、帽子に見える、ここの部分がナイフに見える、みたいな感想すら持てなかったほどに、私には何もなかった、ということなんだろう。うん。特に政治的な思想はまっさらに近いと思う。単純に、全体主義とかファシズムみたいなのには嫌悪感があるくらいで。政治的なものに理想を持つと生きにくい、というのを感じてたのかもね。というかそう思ってます。

 というのが、あの一文を読んでざあああああっっと染みた。すっきりしたというか脱力したというか、方向違いなことを教えてもらったというかお前は無理だったの当たり前といってもらった安心感というか。わからないものがわかった。


 話はちょっと変わるんだけど、思想書の類、今は随分と読みやすいんだろうな。よくわからない単語などに出会っても、ぐぐればすぐに教えてもらえる。うまくhitすれば、背景や前提条件、周辺情報も教えてもらえる。昔なら、いちいちこの辺を理解するにはこの本を読まなくては、というのがあって、それはそれでいわゆる「読書遍歴」という自分の思想を組み立てる一部になるけど、私みたいに読んでも次から次へと忘れていく人間にはひどくしんどかったので。

 私の血肉になっている一冊は、フロイトの精神分析学入門かなあ。実家に帰ったら正確なタイトルわかるんだろうけどちょっと思い出せない。文庫で青い奴。内容自体をばっきり覚えてるわけではないけど、血肉になってると断言する。本読みながら「自分のことで」大泣きしたのは、後にも先にも、あれだけだ。泣きながら読んでて痛いところを何度も読んだ。

スポンサーサイト

「あ」から好きな漫画タイトルで埋めてみる 

 やってみよう、なんて思ったら結構頑張れた。
 なんかね、でかいタイトル集中する項とかあってさ…。全部載せちゃえばいいやーと思ったら気が軽くなりました。お暇な人はおつきあいください。五十音ですので長いです。

続きを読む

読書力復調 

 ナントカ力ってつければいいってもんじゃないだろうとかいいつつ自分でつけてしまった。つい便利で…。
 私は妊娠発覚後から今に至るまで、しばらくまともに本読めなかった。活字追えない状態でした。

 妊娠しちゃったし今から仕事探しても仕方ないし、なら腐るほどある時間を使って、のんびりゲームだの小説だの漫画だの読みまくっちゃえー♪なんて思ってたはずなんだけど。安定期に入った頃か?旦那が買ってきた銃夢3巻を読もうとしたところ、あれ?なんか読み進めにくい、という印象を受けた。話がわかりにくい。何度も台詞をリピートして読み返して、いっしょうけんめい理解しようとして、やっと意味がわかる。いやいやいやいくら説明がやたらと多いタイプのSFだからといって、その辺が意味わからなければさらっと流して読み進める技術ぐらい私は培ってるはずだ。なんだこの「なにいってんだかさっぱりわかんね」感。専門書だってここまで理解不能じゃない。そして、通常以上の酷い忘れっぽさ。3ページ前の展開も忘れるていたらく。
 私より読書量は断然少ないはずの旦那に訊いてみたところ「フツーに読める。あーまあちょっとややこしい説明が出てきたけど…」『ちょっとややこしい』。私の認識としてはそんなレベルじゃないんだよなあ。
 別の小説を読み始めて、やっぱり非常に読みにくくて、頭に斜がかかったようになってるのを振り払いながら、必死に1、2行の文を何度も何度も読み返してるうち「これ、無茶苦茶眠いときに頑張っても文章が全然まったくちっとも頭に入らない現象?」と気づいた。けど自分は全然眠くなかったので、そこでやっと自分がなんかおかしくなってしまったことに気づいた。……妊娠発覚直前に読んだ本の感想にも「時間かかった」とあって、今思えば兆候だよなあ。当時は自覚無かったんだなー。
 軽いエッセイ物はだいたいいける、小説は(私が好むようなものは)ほぼ無理。漫画は、話が込み入ってなければ大丈夫。ただし活字多い奴は無理。という感じでした。

 妊娠中にいろいろ聴いた話だと、こういう人は決して珍しくないらしい。もちろん個人差があるし、「妊娠中は時間がいっぱいあったのでたくさん本読めました☆」って話も聴いた。でも、理解力が落ちる、頭がぽやぽやする、本が読めなくなる、要は「頭悪くなる」というのは、よくあることらしい。まー。。精神状態維持するために大事なメカニズムなんだろう…。考えられないことにたまにイライラするけど、それすらも「あーもーいいや」みたいになってたし。

 忍耐使って本を読むってことは私には滅多になく、活字を読むことに努力が必要であるという状態に我慢ができず、そんな状態なら本読む意味は私にはないよ!必死になってる自分を認識しちゃって現実逃避できないじゃん!ということで、読まなかったのです。読む気があるのに読めない(というか読むのに並々ならぬ努力が必要)ってかなりしんどかったので、それを手放したというか。いやしかし、面白い経験をできたとは思う。本を読むのは、力だったんだ…。と、びっくりした。子どもの頃からの読書習慣が大事といわれる意味を垣間見た気はする。私は読まない人を「面白いもの敬遠するなんてもったいない」と思ってたけど、読まない人は面白さにたどり着く前に、根気が果てたりするんだろう。

 産後もずっとその状態を引きずってて、とてもしょんぼりしてた。慢性的な睡眠不足が原因だったところもあるとは思うんだけど。「また本読めるようになるには、一から活字読む努力しなくちゃなのかなあ。もうずっと、あの息するように活字を飲み込む感覚は戻ってこないのかなあ」と。本は読みたいけど努力ができない私だ、徐々に本の楽しさを忘れようとしてしまうじゃないかと、そんな自覚が辛かった。

 で、最近昔なじみの方とかとtwitterで話したりすることが増えて、その周辺の方々に触発されて、リハビリしたくなって、やってみたのだ。……恐ろしいことに、「本が読めなくなった!」と認識してから初めて、まともに一冊読み終えた。漫画はそれなり読んでたけど、小説はほんとに読めなかったので。えーっと、2年ぐらい読まなかったのか。
 2ヶ月前にチャレンジしたときはすぐダウンしてしまって、へこんだりもしたのだけど、良かった。読み切った。とっても嬉しいことに、辛くなかった。さすがにスピードと理解力は前より落ちてるなーという実感があったんだけど、あの、活字を読んでその意味がさらさらと入ってくる感覚は取り戻せてた。これこれこれこれこれだよおおお!!と思いながら、一昨日から昨日にかけて、「パプリカ
(筒井康隆)」を読みふけったのだった。面白かったよ。

 娘が夜続けて寝てくれるようになった時もちらっと思ったけど、やっとこれで「産後が終わった」って気がする。もうひとつの大問題「産後の余波」である体重は、あとちょいです。夏になるんで多分いけるんじゃないかな…。

育児マンガいろいろ 

 こどもができると、気になってくる育児マンガ。多少読んでみたので、レビュー的なものなど。上から読んだ順。


 妊娠前後のあたりに、もともと「ダーリンは外国人」を楽しく読んでたので買ってきたもの。育児モノという認識はなく、この夫婦が子育てしたらどんななんだろうなーという方が大きかった。
 人によっては「旦那も実母も協力的で羨ましくてムカつく」という八つ当たりじみた感想をもつそうですが、私は逆にそういうことでイライラせずに読めたので興味深かった。仕事で忙しくて家に居ないからどうしようもない、というのはわからないでもないんだけどね…。


 巷で大評判の作品。ただ、私にはいまひとつだった。おそらく旦那がほぼ育児をしていないこと(もともと別居結婚の上、のちに離婚したそうだし、まあそれ以外にも見えない理由はあったんだろうけども…)、テンションが高すぎてちょっと置いてけぼりをくらったせいと思われます。ちょっとあーみんテイストが入った楽しい作品ではあるんだけども。
 ああ、「こどもとはこういうものだ!!」というのがさらりと描かれてるのはすごいなー。私がこどもが苦手だった理由はいろいろあるんだけど、それが育児というフィルターを通すとこういう感じになるのかあ、と。悪い意味ではなく、吸収のよすぎること、ノリが良すぎること、カオスっぷりを受け入れるその視点というのですかね。そういう意味で、読んでよかった。


 面白いという話を聴いて読んでみた。うーんと、面白いは面白いです。人に勧めるのは難しいけど。私は今まで榎本俊二の作品は読んだことがなく。この人ノリが独特なので、それに慣れるのにまずは時間がかかった。
 2巻より1巻の方が断然面白かった。多分1巻は「リアルに想像すると無茶苦茶大変だったんじゃないの…?これ…」というようなしっちゃかめっちゃかな状態を、とってもさらさら淡々と描かれてるからだと思う。そのストイックさに感じ入る。というわけで、1巻ならおすすめできるかな。



 「永遠の野原」の人です。もともと私はこの方の作品が好きなので(とはいってもリアルタイムに新刊追っかけてるわけでもないのだけど)、テイストに慣れてるところもあるんだけど、今まで読んだ育児マンガカテゴリの中ではダントツ一位に面白かった。つーかこども産んでたなんて知らなかったよ…。逆算すると、かなり仕事してた時期に産んでらしたみたいで。ベル・エポックと永遠の野原の2連載やってた頃なんじゃないかな…。
 ほんわか、シンプル、しんみり。イキモノへのざっくりとした取り扱い。慢心する弱さに鋭く刺さり、刺さった先にはとてもとても優しい世界。……レビューになってない気がしてきた。この方の持ち味が存分に出されてます。


作品版・少女漫画経験値 

 今度は作品版・少女漫画経験値(by宵の徒然さんより)。
実は、現時点では、どんな作品があるのか最初の方しか目を通してない。さて、どうなることやら。

 あ、回答中にこれ追記しておく。
 私が『忘れた』といっている作品は、つまらないとか印象が薄いというわけではなく、単に私の記憶力の問題です。現に、ものすげえつまんなかったどうでもいい作品とか、無駄に覚えてるので。まあある意味クソつまらんくせに商業にのったという事実が衝撃的、ということだったのかもしれないけど。
 大好きだったのに忘れてる作品とかあったりするんで、その辺は適当に。怒らないでね。(最後のひとことが重要)

ルール
●知らない:×、知っているが未読:△、読んだ事がある:○、購入した事がある:◎

上の基準に従ってチェックしていってください。
その後でそれぞれの作品や、同じ著者の好きな作品、連想などについて語ってみると、見る人は一層楽しめるかも…?

続きを読む

少女漫画経験値 

 あまりにも更新してないので、なんとなく埋めてみようと思った。少女漫画あまり知らない人にはかなりつまらない話の羅列かと。まあ、こういうのはやってて自分がいちばん楽しいわけで…。
 元ネタの方のサイトは消滅してるみたいで、少々残念。
 あ、「字面は知ってるけど作品名や絵柄が思い浮かばない」人は「知らない」にカウントしてます。
 長ったらしいのでたたみ。

*ルール*

■基本的に小学館/集英社/講談社/白泉社で書いてる人
■知らない:×、知っているだけ:△、作品を読んだ事がある:○、購入した事がある:◎
■100人います。暇な時どうぞ

続きを読む

もやしもん8巻:漫画 



 巻の途中だと、ちゃんと紹介できないのであまりやらないんだけど、今回はちと特別に端的に。
 表紙の子は誰よと思ったら、新キャラだった。

 内容は、一言でいえば、面白かった!に尽きる。

 地ビールの回。6・7巻は「うーん悪くないけど微妙」という感じだったのだけど、今回は大学のお祭りも絡んで、非常に楽しく盛り上がってた。学校モノが楽しいのは、こういうみんなで一丸となって遊ぶ祭りの魅力が強い。気がする。
 沢木の菌が見える能力は、殆どドーデモイイ感じの扱い(これはいつもといえばいつも)なのだけど、ラストでうまーく使われてた。クライマックスも見事。こういうの好きだー。あ、オリゼーは影薄め。でもラスト際の「任せろ」は大好きだ。

 んで、それとは全然関係ないけど、塊魂来てます。ドラクエが取って食われてます。育児は取って食われてません。いや一応いっとかないと、なんか怒られそうで。
 うふふふあははははは塊魂さいこーーーー!!今回、ロボ王様ばっかりスポットが当たってたから、王様出てこないのかなあと少々残念がってたんだけど、余裕でちゃんといました。大丈夫でした。最初のエンディングは見れたぜー。そのうちちゃんとレビューしようかと。

 夢の中でも転がしてます。

「ぢごぷり」はリアルじゃない 

 Amazonで頼んですぐに品切れになってしまい、なかなかこなかった一品が本日やっと到着。「ぢごぷり」の1巻。「育児描写がリアル」みたいなレビューを読んでいたので楽しみにしていたんだけど、期待はずれだった。

 リアル、なのかあ?これが?

 1巻目だから、今連載されてるのがどうなってるのか知らんけど、大変なところをクローズアップしすぎ。こんな状態の母なんて一人もいないとまでいう気はないけど…(だから育児ノイローゼとかあるんだろうし) 自分の体験からいうと、一番ひどいときはなんも考えられなかっただけでした。ちびがどーとか頭に浮かぶ余裕すらなかった。ひたすら眠い眠い眠い眠い眠い眠い寝ていいですかだめですねなんで起きてるんだっけでも多分まだ寝たらだめ眠い眠い眠い眠いで占められてた。わりと平穏時でも、たまにいろいろ思考がぐらつくこともあったけど、「だとしてもこの子は生きていけるから大丈夫」というのが堰となって、わりと普通の思考状態を保ってた、と、思う。親バカホルモンは素直に出てたから、そういう意味で現在進行形で思考状態はおかしいかもしれんけど。
 まあ、ちびがかなりの孝行娘だからこそ、リアルでないと言い切れるのかもしれないけども。なんか、びみょーですね。少子化に拍車かけそう。

 んで、今現在育児をしている身としては、続き買いません。
 かなり精神衛生上よろしくない。ひとつひとつの題材が「あるある」ネタなところがタチが悪いというか、暗い思考に引きずられたらたまったもんじゃないのです。

「美しいこと」読了:漫画 

 橋本みつる著「美しいこと」読了。

 作者について補足を。
 知らない人は全然知らない、非常に寡作でマイナーな漫画家。なにせ、商業誌に初めてこの人の作品が出たのは1988年とのことだから、漫画家歴は実に20年。…計算してみて今ショック受けた。さておき。なのに、単行本が6冊しかないんです。知ってから10年くらいは1冊も出なかったもんな…。合間合間で、数年沈黙があったりはするけど、現役なのに。あちこちに短編を落としてるような、そんな人。
 元々は白泉社の「花とゆめ」で描いてたのだけど、転々として、今は新書館の「wings」で描いている模様。ファン的には未収録作品多すぎて泣きそう。花とゆめで掲載していた当時は、「そのうち単行本になるべ」とタカをくくってたのだ。…こんなに凄い人が単行本にならんわけないだろう、と、世間を甘く見ていた過ち。好悪に関して、私にはほんとにこういう無駄な自信が多い。

 「感情を描かせたら、この人に勝てる漫画家はいない」と思ってる、私の中でかなり特別な地位を占める漫画家。パワーダウンしないまま寡作ながらも描き続けてることに感謝したくなる。初遭遇は私が中学生か小学生の頃で、当時読んだ作品がなんだったのか…「人体星月夜」(夢を見る人収録)は確実に覚えてるんですが…その前にもなにかあったのに、もう思い出せない。とにかく、「ヤバイこの人なんなんだ!?凄い!」と強く感じた。ちなみに、似たような強烈なインパクトは、望月花梨の「境界」(コナコナチョウチョウ収録)、山本修代(現:山本修世)の「栄冠は君に輝く」で感じたかな。

 絵柄はかなり特徴がある。一度覚えると見間違えない。漫画読むと間違えようがない。知り合いに「怖い」といわれたことがあるので、好き嫌いがはっきりしやすいかも。あの絵のインパクトっぷりが、また大事なポイントだと思うのだけど…。
 説明しにくい作風なのだけど、いわゆる感性漫画というのかな。キーワードはとにかく感情。あと青春。感性が錆びてない頃の、あーいう感じを「こーでしょ?」と見せつける人。私としては、漫画(「漫画家」に非ず)の能力をあますことなく使って、感情を見せつけてくるというイメージです。こんな説明でわかるわけがねー…。ご本人が、単行本内で「漫画はコマの割り方、モノローグの置き方、アングルなどで感情の入り具合が全然違ってくる、それが楽しい」というようなことを書いてるんですが、つまりはそういうことです。それまで、この人が凄いのはわかってたけど、何が凄いというのは全然説明できなくて、「凄い」のはここだったのか!と、目が覚める思いだった。ほんと、寡作なだけあって、特に短編は半端ねーぞ。今読めるのは数少ないけど…。単行本になってるなかで私が特に好きなのは、「太陽海岸」(パーフェクト・ストレンジャー収録)、「背中をどうにかしてくれ」(GET DOWN幼い恋収録)、「夢を見る人」(夢を見る人収録)あたりっすかね。

 気になって頂けたら、是非ご一読を。ただ、タイトルの「美しいこと」は、他作品を読んでから手を出すことをお勧めしますw あんまり凄い凄いいってると、「…ふつーの漫画じゃね?」と思われそうだ。うん、漫画の枠からはまったくはみでてませんよ。あと、旦那はフツーに読んでるんで、「誰が見ても凄いと思う」類ではないと思う。

 では、やっとこ、以下感想↓

続きを読む

「殺人の門」読了:小説 

 東野圭吾著「殺人の門」読了。
 思ったより時間がかかってしまった。

 以下、感想…なのかな。長文ではないです。

続きを読む

Twitter「つぶやく」ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。