スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google日本語入力に関してのメモ 

つかリンク。できることできないことまとめようとしたけど、面倒なので情報待ち。

Google Japan Blog: 思いどおりの日本語入力 - Google 日本語入力
公式Blog。

よくある質問 - Google 日本語入力 ヘルプ


Google 日本語入力ヘルプ

スポンサーサイト

Google日本語入力スゲエ 

 私は、PCを使い始めた当時からワープロソフトは一太郎のお世話になってるのもあって、日本語入力システムはATOKご贔屓。ただ、実家にCDを置き忘れて来てしまったので、うっかりXPを入れ直してしまった今は、不承不承MS-IME(Windows付属のIME)を使っていた。
 で、旦那にぼそぼそ
「ATOK欲しいなー…どうせなら最新版だよねー…パッケージ版でいいからさー…このバカIME、かなりストレスたまるんだけど…」
 などといっていたのです。
 多分、日本語入力システムを気にしたことのない人には、わかりにくい話になると思われます。

 学習能力の足りない、語彙が激しく貧弱なMS-IMEにはほんとウンザリしてたんですよ。だって、あの子、このblogのタイトル「蝟集」すら変換できないんだから。別に何か特殊な用語というわけでもないのにいちいち単語登録をするのって、すごくストレスが溜まるのです。なので、「Googleが日本語入力システムを出した」というニュースを見て、飛びついたのだ。MS-IMEよりは使えるに違いないと。

 Google 日本語入力

 今もこのGoogle日本語入力でこの文章を打ってます。私の評価は「ATOKちゃんは辞書的優等生。Google日本語入力はストリート雑学王」ってところ。やっぱり、細かいことまで丁寧で、至れり尽くせりかゆいところまで手の届くATOKちゃんに軍配が上がるけど、Google日本語入力は、これはこれでかなり使える子。正直タッグ組んで欲しいくらい。MS-IMEはポイ。

 まず、変換の仕方の適当さ加減。これ大事、というか、これが弱いと、うちの娘の名前が変換できないのよね。MS-IMEでは、いちいち別の読み方で打ち込んで確定して邪魔なの消して、みたいなことをしなくてはいけなかったのだけど、google日本語なら、名前を打って、変換を切るところ調節して、候補を探して、という当たり前の日本語入力で変換できる。学習能力もあるので、次からは一発変換。よしよし。

 Google日本語入力の凄みは、webから取得してくるその圧倒的な固有名詞への強さ。恐ろしいくらい。数ある日本語入力システムの中では、まだβ版ながらぶっちぎり一位でしょう。
 漫画家の名前、漫画の名前、アニメの名前、アニメキャラの名前、ゲームの名前、通常単語登録しないと変換などできなそうなものが余裕で現れます。「獣王星」「寄生獣」「日出処の天子」「池田光流」「萩尾望都」「竹宮惠子(ほんとはこの字が正しい)」「山岸凉子」「綾辻行人」などがさらっとでてきたときは舌を巻いた。オタ層からは絶大な支持を得ることだろう。ATOKも、結構このへん(というか、流行りキイワード取り入れ)を頑張ってたんだけど、webから情報を取ってこられるgoogleさんには完璧に負け。マイナー中のマイナーな人まではチェックきかんしね。ええ、google日本語入力はマイナー中のマイナーで「誰が知ってるんだよっつーか読めない」って人も変換してくれるみたいです。私はそのような人を思いつかなかったので、例を挙げられないけど。
 ちなみに、webからぽんぽん取ってきちゃうので、web上に本名公開してる人だと、珍しい名前でもあっさり変換してくれちゃうらしい。いいのか悪いのかw
 専門用語はどうなのかな。ちらっと聴いた話によると、麻雀用語には弱いらしいが…。
 そして今思ったけど、一部、第二水準漢字だったかしら?普通に表記できてるのかな。
 このついでと申しますか、言葉狩りに遭った言葉たちも、平気で変換してくれます。小人(こびと)とか、盲(めくら)とかね。自粛という言葉はまったくないようです。ぶっちゃけ、試しに卑猥な言葉も変換してみたけどかなりあれこれできるw

 予測変換機能というものがあって、打ってる最中から先を予測して候補を挙げてくれる機能がある。google検索の時にも使われてるあの機能の応用ですね。これは、アジャストと呼ばれるやつで、機能を切っても変換前にtabキーを押せば出てきます。便利。巷ではこれで遊ぶのも流行ってるみたい。「ただしい」で「ただしイケメンに限る」とか出てきちゃうとかそういう。
 この機能、一長一短で、間違った日本語も普通に出てきてしまう。「おめい」でtabキーを押すと「汚名返上」と並んで「汚名挽回」が出てくるとか。おそらく、調べればこの例は枚挙にいとまがないでしょう。なんせ良い悪いの判断なんかせず、候補を取ってきちゃうからね。
 そのことを指摘して「日本語の乱れがあああ」と憂慮している人もいるんだけど、私は別に出てきてもいいと思う。並べられて「さあどれにする?」とされるのであれば、日本語を改めて考えるきっかけにもなるんじゃないかなと。MS-IMEで(何故か変換できない)とかやってるより、ずっと訴える何かがあるはず。さすがに「がいしゅつ」で「既出」は出てこないし。

 さて、優秀な面を挙げたあとは、私の思う短所。とはいってもATOKちゃんと比較してのこと、MS-IMEとは以下略。

 まずは、基本入力に関しての指定が少々弱い。大雑把にはできるので、たいしたストレスではないんだけど。ATOKでは、テンキーの数字→直接入力もしくは半角数字、キイボードの数字→全角数字 という使い方をしていたので、それが踏襲できないのはちょっと辛め。
 次、何故かF10キーでの変換に制限がかかること。これは、実は私には大いにストレス。
 というのも、私はアルファベット表記したいものを打った場合、F10キーで変換する癖がある。例えば「ごおgぇ」と打ったあと、F10キーを押して「google」にし、場合によっては「Google」と頭文字を大文字にするのです。完全にそういう癖がついている。(ちなみに、これは通常変換で十分可能なので、こんな癖がなければ何の問題も無いといえば無い) で、これ、「google」だと問題無くF10キーで変換できるのだけど、「f10」や「sf」など、「ローマ字3つ未満の単語」だと何故か機能しなくなるのだ。ま、ローマ字のひとつやふたつ、shiftキーを押しながらキイ打てばいーだろ、つうか他にいくらでも変換方法あるだろって話で、わりと普通そうやってるんでしょうな…。でも10年以上の癖なんだもん…。
 それから、ATOKでは割と普通にできてた、カタカナ語から英語表記の候補を出す、ということができない。(例えば、「えーとっく」「あいまっく」と打って、「ATOK」「iMac」と変換すること)
 …まー、βだしタダだし、そのようなものにここまで求めるのは酷ってもんでしょうけどね…。というか、これが侵食されたら、それこそATOKちゃんまずいから、やらんでいい!w

 あ、あと、ちょっと動作が重いって話も聞くなあ。私は早々にアジャスト機能は切っちゃったし、よくわからないのですが。

 というわけで、興味の出てきた方は

「Google 日本語入力」はATOKやMS-IMEを超えることはできるのか、実際に使って実用に堪えるかどうか試してみた - GIGAZINE

 この記事を読んでみるのもいいと思います。私、この辺の話をすっとばして書いたので。

へんないきもの 

 深海魚:デメニギスの世界初画像公開 水深700メートル

 宇宙人みたい。なんだこりゃー。
 深海にはまだまだこんなのが、発見されずにゴロゴロしてるんだろうなあ。
 ちなみに「ニギス」を画像検索してみたけど、同じ系統の魚には到底思えなかった。ニギスで検索して出て来た魚、みんなスレンダーだし。…なにをもって同系統ってされてるんだろう。鱗の生え方とかヒレの付き方とか骨格とかそういう奴か?

 この子が泳いでる姿はこちらで見れます。下の方ね。

 つくりものみたいだけど、これもまっとうな生物なんだよな。
 深海って素敵。ガラパゴスとかタスマニアとかも素敵。あとカンブリア紀も素敵。
 カンブリア紀?ジュラ紀とかそういう系?なにをいきなり?って人はこちらをご覧下さい。「カンブリア大爆発」でぐぐっても良い感じです。私はバージェス動物群に属する生命などにウフウフする人種です。

 ←こういう本とかもう、門外漢でたまに意味がさっぱりわからなかったりする癖に読んじゃって、ドキドキしてしまう。概ね丁寧に解説されてるんだけどね…。
 アノマロカリスの「結構最近まで別の生き物だと思われていた化石が、実は両方こいつのものだった」というロマン溢れる話とか、ウィワクシアの「もしかするとトゲ側が下だったのかもしれない、よくわからない」という話とか、オパビニアのへんてこっぷりとか。魅力的すぎる。こういうのがいると、やっぱり宇宙人はどこかにはいるよ、と思う。

 それでもやっぱり、クモとプラナリアだけはほんとにどうしようもない。特にクモ嫌いの理由は、自分でもいまいちわからないから、多分子どもの頃になにかよほどのことがあったんだろう…。

個人的には最悪レベル 

 喜び一転、中絶という苦渋の決断…香川の受精卵取り違え
 別の女性への説明、中絶の2カ月後 受精卵取り違え疑惑

 当事者達の心理を思うと、ほんとにいたたまれない。
 どっちに転んでも苦しむだろう選択を、自分が選ばなくてはならない状況って、どんなに辛いだろう。
 こういうのも医療事故っていうのかな。としたら、最悪の医療事故だと思う。法律的な問題とか、受精卵を生命とするか云々とかではなく、被害者が、被害を選択するという余地があり、そしてそのせいでヘタをすると世間から批判される。その点で、被害者が被害者であるという、あるべき免罪符(っていうのかな。ちょっとうまい言い回しが見つからない。責任がないという免状というか)が取り上げられている気がする。中絶しなかったらしなかったで、別の様々な苦しみが生まれるのに。

 このニュース、あんまり追いすぎると泣けてくる。せめてもの救いは、中絶した女性は若かったことだろうか。

 ちなみに、私自身はものすごい抵抗あるけど、中絶自体を否定する話ではないです。統一見解など出るわけがないし、私は生命原理主義ともいっていいくらいに偏ってる自覚あるから、多分議論できねえ。羊水検査で、先天性異常の%が高かったら堕胎とか、絶対自分はできないし、その選択をした人はどれだけ苦しんだだろうと思ってしまう。でも、現実にはケロっと出来ちゃう人もいるわけで。しかし、子どもをなすこと自体が親のエゴであるなら、ある意味それを突き詰めてるともいえる。どういう批判ができようか。

で、おサイフケータイって? 

“京ぽん”6代目にして待望の「おサイフケータイ」――「WX340K」

 わーいわーい。ウィルコム使いなので、なんか嬉しい。京ぽん使いなので余計嬉しい。おサイフケータイより、赤外線通信ができるのがポイント高い。まあしばらくはPHSは活用しないだろうから、勢い込んですぐ買ったところで、絶対宝の持ち腐れになるわけだが。そんなわけで購入日は未定で。
 いつになるかわからないけど、次に買い換えるときは赤外線対応だー! とかいいながら、「デザインが気に入らない(怒) もっとKENWOODみたいの出しやがれ」と、赤外線未対応のものにしてるかも知れない。ちなみに私は、この手の機械デザインというのか?では、KENWOODが最も好きなのです。ちょっと無骨でレトロでやや丸こくて、ボタンが非常に押しやすい。

 ところでおサイフケータイって、具体的にはどんな機能のことをいうんだ。Suicaみたいなことを携帯でできるって認識でいいのかな。
 取りあえずぐぐってみて、色々な機能を把握。便利くんは便利くんだけど、これは怖いな…。全部まとめちゃうと、手を離すのが怖くて携帯依存っぽくなりそうだ。ポイントカードや会員証代わりなのは、相当便利そうだけど。
 私が買うまでに、私好みのデザインの対応機種が出ることを期待します。

これはまずいと思う 

 まだ大々的なニュースにはなってないみたいなんだけど、こんな記事を拾った。

 ネット料金、予告なく課金…2万人から計2億円で苦情多発
 リンククラブ被害報告まとめ

 古くからのMacユーザーにはなじみのある名前だろう。昔は、Macユーザーが入ってるプロバといえばこれという位に定番だった。見た瞬間は、名前が似てる別の会社かと思ったんだけど、老舗が堕ちるところまで堕ちてしまっていたようだ。なんだかなあ。夜逃げ寸前とまことしやかに囁かれてるみたいですね…。
 それにしても酷いし怖いな。こんな無茶苦茶な話が通ってしまうなら、ネット取引でクレカ使うのも怖い。それとも、たまたま今回まだ逃げない状態で会社が存在するから発覚しただけで、昔からこんな詐欺はあったんだろうか?でもクレカって信用取引だからなあ。会社にもある程度の信用がないと、使えないんだろうし…。「常時あいてる穴」なのか、「今回はちょっと特別」なのか、その辺も気になる。…あ、そういえば、引き落としはクレカに限らなかったんだっけ…。きっついなあ。そんなことできちゃうのか。

 まとめwikiの方を見ると、「持ってる情報で生きてる奴みんなに課金したの?」というレベルの話になってるみたいで。

リンククラブ会員
リンククラブ関係(リンククラブオンラインショップPlanetマジックガーデン等)で買い物をした事がある人

 どちらかに該当する方は、口座とかクレカ料金とか確認した方がよろしいかと。
 ちなみに、返金請求受付すら、1月末とか締め切ってて、それもおかしい。まあさすがにそれは、記述だけの話であって、2月以降もやる気だろうけど。企業側の都合で、混乱期は一時にしたいとかあるんだろうし。…それでももう1,2言必要な気はするけどな…。

 殆ど予告無しに利用料金値上げとかもやってたみたいで、ほんとに、なんだかなあって感じ。企業的には何考えてるんだろう。

すごいな 

 7歳児がワニに小動物食べさせる、豪動物園 というニュースを見て、なんともいえない気分になった。

 まずワニが食う物を知ってたのがすごい。
 ワニまで近寄って、それらをあげられたのがすごい。
 複数匹ということは、おそらくワニが食しているのを見て嬉しかったのだろう。それもすごい。

 私は子どもの頃から弱肉強食の概念は苦手で、捕食シーンは出来る限り見たくない。シーンはまだいいとして、自分から生き餌を与えるという行為もできない(プランクトンレベルなら大丈夫だけど)。ガキの頃は、肉食の虫に餌をあげる近所の少年を見てものすごい悲鳴をあげたり、カマキリがカマキリを食ってるところ(多分つがいだったんだろう…)を見て悲鳴をあげる間もなく逃げ帰り、何度も夢に見たり、動体視力が発達してない癖に、蜂がイモムシ運んでるのをばっちり見ちゃって悲鳴をあげたり、と耐性のない生活を送ってたので、受け入れられる度量に素直に感嘆する。ちなみに、虫自体はそんなに苦手ではない。こういうのって、育ち方の問題なんだろうか?

 そもそも動物園に忍び込むなよとか、でも忍び込まれたくらいで希少動物盗めちゃう動物園ってのもどうなのとか、業であるが故に無駄な殺生はどうなんだろうとか、子どもの全能感や俺ってスペシャル感って呆れるほど凄いとか、他にも思わなくもないけど。肝据わってんなあ…。

そもそも私が好きな音楽は? 

 というわけでmixiニュースから話題引っ張ってきました、音楽の好みで、その人の性格がわかりますというニュース。…ニュースっていうよりコラム?まあいいや。

 そもそも私は、ジャンルによって聴いたり聴かなかったりってことって、殆どないんだよなあ。強いていえばトランスは門前払いな感があるくらいで。それだって、UnderworldのBorn Slippyとかはトランスらしいから、嫌じゃないものもあるってことだし。ぼーんすりっぴー好きー。ちなみにこの曲は、昔車のCMで使われたり、映画「トレインスポッティング」のBGMに使われたりしました。こんな曲↓。



 閑話休題。自分がわかる傾向としては ・ノリが良いのがよい ・わりとリフレインが好きらしい ・リフレインに小細工があるともっと好きらしい ・高音で伸びる感じが好きだが多すぎるとよろしくないらしい ・不協和音は好きじゃない ・裏打ち大好きっこ ・3拍子も相当好き
 くらいか?

 記事を見てても、インディファンとかクラシックファンってのは誰を指してるかわかるけど、他がわからん。まあ少なくともブルースファンではないな。あとヘヴィメタファンでもない。ヘヴィメタにも色々種類があって突っ込みたくないんだけど、がなってるだけっぽい奴は全然聴けないです。メロディがどこにあるの、と悩むような音楽はだめらしい。 ああ、ふと思ったんだけど、レゲエやラップも、好きだしあれば聴くんですが。考えてみれば「あんまり曲を個別認識できない」「いくつか良いものがあればそれで充分」って気もするので、ファンではないと思う。それでいうと、カントリー・ウェスタンも除外か?…好きではあるんだけどなあ…。ダンスはなんだろう。よくわからないから消しとくか。あと多分、インディファンでもねえな。消去法で結構絞れてくるもんだ。
 結果こんなのが残りました。ポップ好きってカテゴリがあれば多分それなのに…。あとスカ好きとかもないのね。

2.ロックンロール・ファン
 自尊心が高く、とてもクリエイティヴ。勤勉で悠々としているが、あまり親切でも寛大でもない。

4.クラシック・ファン
 自尊心が高くクリエイティヴで、鷹揚。しかし、社交的ではない。



 自尊心は高いですはい高いです無駄に高いです。しかしクリエイティブじゃないなあ。勤勉ではないと思うし、社交的でないのはあってる。んー…。
 合ってるかもしれないし、合ってないかもしれない。ソンディ心理学みたいに、顔の好みで性格傾向がわかる、くらいの話になれば実用性があるかもしれない。目のつけどころは面白い。

お米の話 

 日本が震撼したといいたくなるようなニュース、三笠フーズの非食用の事故米穀不正規流通問題。どこから突っ込んだらいいのかさっぱりわからん。酒に使われてるとか、正規米に混入させてたとか…。福田さんはコレから逃げたのかな、と思ってしまった。
 事故米流通先の酒造はまだ公表されてないとこもあるみたいで。同情するとこもあるんだけど、公表しないのは、あまりにも自己保身が過ぎないか、と思うんだけどな。いやまあ、会社的に確認取れてないからチョット待って、って企業もあったのかもしれないけど。
 ちなみに、うちで食ってるお米は、富山産コシヒカリ100%と明記されてたので、少なくとも今回の件はクリア。旦那がよく呑んでる「しろ」も大丈夫みたい。(高橋酒造のサイト) ひとまず安心。問い合わせも多かったんだろうけど、きちんとサイト上で公表するのはエライね。
 色んなところに撒いてる癖に、それが全然リストアップされないのだよな。あまりにも数が多いんだろう。流通経路こんなだし。あーあ。

 しかし、こういう、ほんとはダメだけど混ぜて出しちゃえーって感じのところは、多少はあるんだろうなという気はしてたんだけど。ここまで毒性の強いもので、ましてやこんな大規模な形で露見するとは思わなかった。しかもこれ、内部告発がきっかけらしいですね。お役所の視察じゃ全然ダメってことだ。…視察とかに関してもいろいろ思うことがあるんだけど、その辺の文句とか批判とかは、他の誰かが徹底的にやってるだろうから、誰かに任せます。あまりにも思考がささくれだつと疲れる。

 中国産だけに関した問題じゃないというのを叩きつけられるのは厳しいな。わりと普段目隠しして平穏に生きてるから、日常的に疑心暗鬼に陥るのは辛いんだけどなー。

元々下品なのって好きじゃないんだけどさ 

 サザビーズのオークションにかけられたフィギュア、16億円で落札というニュースに目眩。
 下品というか下ネタとか苦手な人はリンク先の写真をじっくり見ない方がいいと思います。

 そもそもフィギュアに金をかけること自体も、よくわからない。それにしてもこの値段はねーだろ、こんな頭いかれてるもんに16億って、競り落とした人は頭絶対沸いてる、としか思ってなかった。いったいどういう理由でこの価格が出たのかを知りたくてちょっと調べてたら、どうも、現代芸術(私にはとてもそうは思えないけど、そういうカテゴリらしい)においては、投機目的で作品に高値がついてくらしい。納得。価値があると思ってこの価格なのではなく、価値が出ると踏んだだけなのね。一応ネームバリューがある(らしい。私は知らなかった)し。
 春画とかその手の昔のアダルトものって、一部好事家がすげえ値段つけるもんなあ。それを狙ってるとしたら、わからなくもない。「なんでこんなのにそこまで金かけちゃうんだよ。お前人生にもっと大事なものないのか」といいたくなるようなものに、すげえ価格ついたりするんだよねー…。どこに価値を見いだすのかさっぱりわからないというポイントは同じではあるんですけどね。
 まー、昔の風俗は興味深い、特にアダルト系に入ると当時の誰もが重要視しないこと、秘め事という言葉もあるくらいだから、あまり公に記録が残ってない、とか、色々付加価値はついてくるのでしょうけど…。でも、現代からは記録的価値は消えそうな気がする。フィギュア界の歴史っていうか、そういうものの象徴としての価値はつくのかな。

 しっかし、理性的には一応納得したものの、感情的にはさっぱりわかんねー。頭痛抱えつつ、調べまくらないと価値がさっぱりわからないような代物、タダでもいらん。

Twitter「つぶやく」ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。