スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の終わり 

 最近はほぼ休止中だったMMORPGがこのたび終了したので、もうちびが産まれてからはアップデートだけあてるのも稀になってたのに、寂寥感がすごい。
 きっと実家が取り壊されたときとか、こんなかもしらん。とか思いつつ。さすがに実家の方がひどいか?

※関係者様がもしこっちを見てれば。あっちでぐだぐだ書いてます。

スポンサーサイト

異教 

 mixiでは、今様々なゲームをマイミク同士で遊ばせてつながりを強まらせようという策略が練られていて、そのアプリケーションゲームのひとつにサンシャイン牧場というものがあるんですが。ご存じの方はご存じ、おそらくmixiアプリのなかで最大ヒットゲームなのではないでしょうか。
 ゲームとしては単純で、牧場物語をものすごーくものすごーく簡素化したものみたいな感じ。植物やヒナを育てて,育ちきったら回収してレベルをあげていく、の繰り返し。マイミク同士で虫をつけあったりそれを退治したりすることで収穫物の量が増えていく。育ちきったものを収穫せずにおいておくと、マイミクがちょっと摘めたりもする、というゲーム。

 でまあ、ちょっとしたオプションがあって、それがガーディアンと呼ばれる、マイミクに収穫物を盗ませないように監視する奴らをつけることができるんですが。話が長くなったけど、そのひとつがコレ。この話をしたいんです。

miko.jpg

 これ、巫女さんに見えるよね。
 ざっと見た感じ、私の周囲の人はみんな「巫女」と認識してるみたいなのだけど、購入画面では
kounyuu.jpg

 この通り、「魔女」として売られてるんですね。ちなみに、上の方の画像では休憩中なので地面に降りてるけど、稼働中になると竹箒に乗って宙をうろうろ飛びます。さらに突っ込みを入れたいのは、見た目ニンゲンなのに、犬用の皿(家の前にある皿)にメシが入ると動き出すというなんとも酷い扱い。せめてご飯茶碗にしてあげてー!

 そもそもニンゲン売るなよという根本の話は置いといても、すごい扱いだなーとしみじみ。
 魔女って。そもそもこのゲーム韓国で作られてるらしいんで、多少日本語が怪しいことに目をつぶるとしても、神に仕えるニンゲンを魔女扱いとは。いや待て、異教の神をサタンというか邪神とするなら感覚的には間違いではないのか?でも韓国のメイン宗教ってなんだ?そりゃ神道ではないだろうけど。儒教?あれ、儒教って宗教の一部なの?みたいなことを、見るたびにぼんやり考えてしまうのでした。
 うーん、せいぜいがとこ、陰陽師だよなー。

 ちらっと、東方プロジェクト(注:ものすごく有名な同人のシューティングゲーム。巫女さんやら魔女やら妖精やら出てきて世界観があるんだかないんだかとってもカオス)の影響が向こうにもあって誤解されてるのかなーと思ったりもしたけど、そもそもをあまり知らないので詳しくは突っ込まないでおく。

どらくえ中 

 隙を見てちまちま進めてます。
 全体的な印象としては、8がDS用にされました、みたいな。私は8はリタイヤしたんだけど、あそまでは画面がぐるぐるしないので、やりやすい。錬金も時間いらなくなっている。戦闘中ぐるぐる動くのも省略してよかったのに。あれ鬱陶しい。あ、あとルーラの消費MPがとうとう0になったよ!
 今回のいちばんの問題点はセーブが1つってとこでしょうね。何考えてるんですかね。先のプレイを譲ってはもらったけど、旦那がやるときにはセーブ消すわけで。まあ、やりこむ気は失せますね。旦那のデータでやるつもりだけど。

 ガングロ妖精はそこまで気にはならない。が、あんまりにもちょっと前の流行っぽい感じで、それをドラクエが導入しちゃっていーんかい?と、気になるといえば気になる。けど、定番のバニースーツも、当時の「お水の流行」といえばそうだよなあ…と思えば、似たような話なの、かも、しれない。
 私はそこまで嫌いじゃない。でも気になる人は相当気になるだろうな。私は何が気になるって、ガングロ妖精の色使いがいちばん気になります。同系色乱用しすぎててなんか気持ち悪い。
 あと、仲間が、このガングロ以外は、「ついてくるだけの戦闘要員」なのが結構寂しい。6から入ったからさー。やっぱ登場人物のサイドストーリー的なの、ちゃんと欲しいのよ。

 ちなみに、私がいちばん感動したドラクエは3。今でも忘れられない、ラストの秀逸すぎる科白。
 でもいちばん好きなのは7です。石版集めうふふふふ。

 全体的な感想はクリア後に。さあ、いつになるやら!

あと68日 

 いえーい待ってました!

 塊魂TRIBUTE発売予定、2009年7月23日決定とな。

 なによう、年末くらいかなーなんて思ってたのに、やったら早いじゃないの。どっかの発売延期した、龍がどう絡むのか毎回よくわからない勇者モノより、全然好感度高いじゃないの。今回は宇宙には行けないっぽいけど、ジャンプができるようになるらしい。他にも新要素があるらしい(ハートとか)が、うーんどうなんだろう。これは遊んでみないとわからんか。

 それにしても、勇者モノは発売いつだっけ?…と確認してみたら、あらら7/11。そういやセブンイレブンだったな。

 …まあ、一応両方買うだろうけど、塊魂最優先で。
 つうかだから、遊ぶ暇あるんか私は。

塊魂! 

 友達から教えてもらったのだけど、塊魂のPS3版がようやくお目見えだそうで。

 塊魂とは、ちっこいキャラが、雪だるまのように、ものを巻き込みながらフンコロがしのフンのようなものを、どんどん大きくしていくゲーム。私の大好きなゲームだ。ああいや、ヘタですけどね?夢で転がすほどハマる。音楽もいいし、キャラ可愛いし、王様素敵な性格してるし。フルHD対応とのことで、楽しみだなあ。XBOXのように宇宙にはいかないのかしら。

 やる時間があるかどうかは、今は考えないことにしておく。
 ドラクエもあるのにね。大丈夫かしら。

初めてやったゲームって何? 

 FC2トラックバックテーマという奴に初めて乗っかってみる。
 今までずーっとスルーしてたんだけど。

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「初めてやったゲームって何?」です。当たり前のように毎月新作のゲームが出て、ハードもたくさんあり、どれを買っていいのかわからないようなそんな毎日ですが、皆さん、自分が初めてやったゲームはなんでしたか?私が自主的に自分で買ってプレイし�..
FC2 トラックバックテーマ:「初めてやったゲームって何?」



 そんなわけで、初めてやったゲームとは。
 当時出始めて話題になっていたファミリーコンピューター、いわゆるファミコンを、ある日突然、母親が買ってきた。子どもとしては「欲しい」などといった記憶もまったくない。むしろラジコンみたいな位置づけで、女の子が欲しいというにはためらいがあったような。まあ、その理由は、私の周囲でファミコンを持ってた子は、皆男の子で、しかもソフトはバイクのレースゲーム(名前知らない)やシューティング(メカメカしいものを動かす火ばっかりの戦ゲー、に見えた)ばっかりだったというのもあるんだろう。
 驚く娘らを前に、「どんなものかと思って」と母はいっていた。
 ゲームソフトは、「バイナリィランド」「ボンバーマン」「じゃじゃ丸の大冒険」。
 私はもっぱらバイナリィランドばっかりやっていた気がする。ボンバーマンとじゃじゃ丸はすぐ死ぬから。いや、バイナリィランドもすぐ死んではいたんだけど。ペンギンのキャラが可愛かったし。
 姉と私は、数ヶ月おおいに喜んでそれらで遊んでいたが、ある日突然、テレビの前からゲームが撤去された。よくある、「やりすぎて夕食も無視するようになり親がブチ切れた」という事件もなかったはず。当時の我が家は父が不在のため、母親は絶対君主的なものだったし、そもそもソフトがRPGなどではないので、無視するという時間もかからずゲームオーバーになってしまっていたし。確か。
 機械音痴の子どもらで、母親が不在中にこっそりテレビにつなげ直して遊ぶということもできず、それ以来、他人の家でしかファミコンを遊べなかった。
 かなり大きくなってから、当時のことを「あのときはいきなり買ってきて、いきなり撤去されたんだよねー」と懐かしく話題にした際、母親の口から事実が判明。

「実は、あんたたちが寝たあとに、爆弾置いていく奴を自分で遊んでみてね。そしたら徹夜しちゃったのよ、仕事だったのに。大人でも自制きかないものを、子どもが自制きかせられるわけないと思って。それで無くしたの」

 まあ、賢明な判断だったのかもしれない。
 でもどうやら、私と似た気質を感じるんですけど。これ、あなたの血だったのか。

 月日はうつって、高校2年のとある日。友達宅で、当時ハマっていたというスーパーファミコン「FF6」と「DQ6」を見て、衝撃を受ける。ゲームってこういうものもあるんだな、と。正直DQ6だったかは覚えてないけど、とにかくDQで、その友達がひたすら「アモーレ水」を買い込みつつ、テリーテリーつぶやいていたのは記憶鮮明。いやその姿が面白そうだったのではなく、そうしながら、ゲームのやり方を解説してくれた話が興味深かったんだけど。ゲームって頭使わないっていわれるけど、結構使うんじゃんとか、パターンを覚えてミスしないように進めるってだけじゃないんだなとか、ゲームの可能性をかいま見たというか。
 そして進路の決まった高3の頃、時代はプレイステーションというあたりに、スーファミの本体を買ってしまう。ここからがライトゲーマーの転落道。……いいのか悪いのか。というかほんと、大きくなってからハマるものは手加減知らないから困るんだよな。
 私をハメた当のご本人は、最近連絡をとらせてもらったら、えらい忙しそうでゲームやる暇なさげでした。DQ9はやるかしら。私は買います。

 話は戻って、この初期の作品だけど、私は大学にあがってしばらくするまで、「バイナリィランド」の名前はすっからかんに忘れていた。「ペンギンを操作していた。何故か敵はクモで、右と左で鏡合わせの動きをして、ハート挟み込むのを目指す」というゲーム性を頼りにネット検索して、名前が判明した。今確認してみたら、携帯でできたりGBAでできたりするのね。…欲しいかも。あの音楽は今でも忘れられない。ちゃらら~ら~らら~ら~ら~ら~らら~♪なんだったら着メロにしたいくらい。
 ボンバーマンはまあ、語る必要もないですが。なにぶんビビりですぐ焦るし動体視力ないし指もちゃんと動かないしで、あんまり上の面に行けたことはなかったかな。よく自爆してたし。はじめの方の、コインみたいな敵がぶんぶん走り回る面で、すぐやられちゃってたような。
 じゃじゃ丸の大冒険は、これは長いこと勘違いしてた。忍者じゃじゃ丸くんというのがあって、てっきりそっちだと思ってたんだけど、さっき検索してゲーム画面を確認してみたら、忍者じゃじゃ丸くんでは、見知った画面ではなかった。「記憶がもう消えたのかなあ…」と思ったのだけど、ふと思い立って続編の「じゃじゃ丸の大冒険」を確認してみたら、ビンゴだった。私がやってたのは大冒険だ。てんてけてんてんてんてけてんてん♪

 しまったyoutubeでプレイ動画を見てたら、時間がかなり経ってる。ああん懐かしい。

リトルビッグプラネット:PS3 


 先日からそこそこハマってることを伝えておりますリトルビッグプラネット。略称LBP。公式ページはこちら

 仕掛け満載の2.5Dマリオって感じですかね。クラッシュバンディグー系とか。アクションゲームという奴です。物を引っ張って移動させて上に乗ったりして、バブル(マリオでいうコイン)などを取って、ステージごとのゴールを目指すゲーム。

 …ちなみに、私はこういうのは、ものすっごいヘタだ。マリオをやらされた時なんて、すぐにAボタンとBボタンの区別がつかなくなるので、避けようとしてクリボーに突進して死ぬとか、ファイアーボール出しながらなんでもない隙間に落ちるとか、やらかしまくってるタイプ。
 このゲームでも、もちろん結構酷いことになってた。最初のうちなんて、紐にぶら下がることもできず、毒にハマりやりなおしを余儀なくされてたりとか、掴まれたはいいけど次の陸地に着地できず、いつまでも紐にぶら下がってるとか。でも昔よりはうまくなってた、うん。鍛錬大事だね。

 リビッツと呼ばれる、いわゆる自分キャラを操作する。普通に行動を操作できるだけでなく、腕を自在?に振り回せたり、表情を変えたり、そういうことも可能。針に刺さったり、燃えたり、水に濡れたり、毒に触ったり、電気に当たったりすると、「ピギイ!!」という声とともに消え、ステージ上のチェックポイントである光の輪から出てくる。いわゆる「死んだのでやりなおし」ですね。ぬいぐるみ設定の癖に、毒でダメになったり電気に当たってダメだったりってのはどーなんだろうと思うけど。あ、踏みつぶされてもだめだけど、たまに結構もちこたえたりもするところは、さすが。
 走ったり、ものに掴まってぶらぶらしてたり、踏ん張ったりしてるのはもう見事に愛らしいです。無駄にぶらぶらさせたり。操作してるの自分なのに、何故か「ガンバレー」とか声かけてたりする。昔聴いたことのある人の話で、チャリで坂道を登る時に「○○ー(チャリの名前)、ガンバレー、○○ー、ガンバレー」と声かけるというのがあって、無茶苦茶大笑いしたんだけど、気づけばこれ、かなり似てる状態なんではなかろうか。しまった。
 …閑話休題。嬉しい機能として、こいつ自身に、ものを付けたり張ったり着せ替えさせたり、色々カスタマイズできる。ちなみに、一緒に遊んでる自分以外のリビッツにも付けたり貼ったりできるんで、ぺたぺたしだすと無茶苦茶なことになったり。私はこれ大好きなんだけど、やりすぎると相手の不興を買うと思います、はい。各ステージ毎に、素材アイテムがバブルに入って置かれてたりするので、それを集めるのもプレイの楽しみの一つ。アイテム取得達成度とか出たりするので、コンプ魂があると結構燃える。自分でステージを作る気がなければ要らないアイテムとかもあるんだけど、そんなものは関係ありません。100%大事。ってリビッツのことだったのに話がずれた。
 元のリビッツは公式とかでもあるような茶色いアレ。私のリビッツはこんなです。名前知りたい人は、共用なんで、個人的にこっそり訊いてください。

LBP.jpg

 この角度だと見えないけど、魚のしっぽが生えてます。…初めてPS3からjpg移したけど、画像ちっさいなあ…。大きく撮影することはできるんかなこれ…。
 ポッド(と呼ばれる、いわゆる自室)もカスタマイズ可能で、コンナカンジで飾り付けしてます。
pod.jpg

 あーほんと画像ちっさいなー…。リビッツが7cm設定だから仕方ないのかな。(多分関係ない)

 さてプチ満足は置いといて、ゲームの本題を。
 大雑把な構成としては、ストーリーモードとコミュニティーモードがある。

 ストーリーモードは、ステージをクリアするごとに、次のステージに行けるようになる。配置されているアイテムに鍵があるんだけど、それを取るとミニゲームステージが開いたりとか。とにかく、一回ゴールに入りさえすれば、次のステージを直接選べるようになる。…んですが。
 さすがに私では、もう後半は自力ではゴールにたどり着けなかった。2時間くらいかかって、結局アイテム達成率25%で諦めたステージとか…。まあ%が最悪だったのはボスステージの0%ですけど、あれはねえ…。リビッツが「ピギイ!」っていわなければ、根性次第でクリアしてやるんだけど。(実際、そういうステージはそこそこあった)
 ちなみに、通常、ソロでの初クリア時のアイテム達成率は70%くらいだと思う。大抵、先のステージで取得するステッカー(アイテムの種類)が必要な仕掛けや、協力プレイでないと取れない場所とかあるんで、どれだけ慎重に隠しバブルを見つけても100%は無理。
 オンラインに接続すると、このストーリーモードの協力プレイが出来たりする。先ほどいった通り、数人でやらないと解けない仕掛け、ひいては取得できないアイテムがあるので、結構ちょこちょこつないでます。もうひとつコントローラーがあれば、旦那と出来るんだけどね。でも4人必須とかもあったからなあ…。初めてあれを見たときは、旦那と声を揃えて「4人!?」と叫んでしまったよ。3人も見たことなかったのに。
 外人さん多いしチャットはしにくいしで、まともに協力プレイして、目論み通りそのステージのアイテム取れるのは、5回チャレンジして1回当たれば良い感じだけどw 目的がかっちりあった人とは、次のステージとか別のステージとか、なにもいわないまま、人形の表情や身振り手振りで意思疎通して、連れだってしばらく遊んだりするわけです。まー私は根性ないから、すぐ「i'm tired. gtg,bye」とかでやめちゃいますが。そういえば、日本語の名前の人以外は、日本人扱いしてないけど、もうちょっと丁寧にいったほうがいいんだろうか。でもチャットめんどい。キイボードはつけてもらったんだけど、PS2の時のなので、いちいち手順を踏まないとまともに喋れないんだもん(追記:ちょっと調べてみたら、LBPの仕様みたいです。具体的にどういう状況かというと、Tabキー押すなりして発言入力画面を開かないと、ローマ字入力を受け付けてくれない)。ボイスチャットだととっても楽なんだろうなあ。飛び込みだとやる気になれないけど、知り合い同士なら。まあそんな感じで、楽しくやれます。たまに、入るなり、ひたすら突進して死にまくって邪魔する人もいるけど。あ、ヘタで死んでるって話じゃないよ。(それはもう人のことをいえるわけがない)
 序盤に「もうやめたい」とへこたれたステージは、ボムボムタウン。サボテンがうまく越えられなくて、何度もやり直した。今は5回に1回は越えられるようになった。細い足場にうまいこと立つというのが、最も苦手な技らしい。旦那曰く「フツー、そういうとこっていちいち立ち止まらないでぽんぽんと飛び越えるんだけど」とのことだけど、それがまったく出来ないから立つんだ。まったく同じ理由で泣いたのは、そのしばらくあとの「忍々道場」ステージだけど。…まあ、それ以降はもう、自力クリアは諦めましたんで…。アイテムコンプ目指すぞ、おー。

 コミュニティーモードでは、人様が作って公開しているステージなどを遊べる。まだ私はやったことがないんだけど、やっぱり神業な人がいるようで、あちこちのサイトでお勧めステージが紹介されてたりします。あと、入ったことはないけど、「日本人」で検索すると「日本人待合室」というステージも出てきます。ナルホド、と感心してしまった。

 あとは大事?なクリエイトモード。凝る人はもう無茶苦茶凝るだろうなあ…と苦笑したくなるほど、かなり良い感じにいじれる。ただし、面倒くさい。いや…面倒臭いは面倒臭いんだけど、ここまで家庭用ゲーム機でいじれるっていうのは、相当すごいことなんじゃないかと思う。仕掛け考えるのとか、遊び心満載の箱庭作りが好きな人は、是非参戦してみて欲しいなあ。…私は仕掛けは解くのが好きなだけなので…。

 とまあ、こんな感じですかねえ。
 はっきりいって、リビッツ同士でじゃれてるだけでも、かなり遊べる。息の長い作品になるんじゃないかな。希望的観測だけど!

Spore:PC 

 歯の痛みにめげながらも、やっておりますSpore。公式はこちら。かなり虜。やべー遊べすぎ。

 シム系のシミュレーションゲームで、細胞から宇宙まで全5ステージ。各ステージ、いちいちコツ(というか、やり方?)をつかむまでに大変だけど、致命的な失敗というのはないので、やり直し感覚をあまり味わわずに進める。「やり直し」が必要なのは、草食動物で進めたかったのに、肉食にしちゃったー!という、根本的な問題くらいがせいぜいではなかろうか。

 「細胞ステージ」はわりと単純な動きばかりで、ゲーム慣れのための回って感じ。いや細胞のくせに複雑な動きされても嘘くさいけど。細胞を自分好みに作れます。元パーツがあって、それを大きくしたり小さくしたり向きをずらしたり一部だけ太くしてみたり細長く引っ張ってみたり、みたいなカスタマイズができます。かゆいところに手が届く!まではいかないけど、相当自由度高い。
 次に「クリーチャーステージ」。いってみれば動物操作ステージかな。歌ったり踊ったりします。攻撃もできる。この動物も、自分好みにカスタマイズできます。あ、空も飛べる子作れる。あと、体の色は…まあ頑張ってるかな。彩色はぶっちゃけ慣れるまでに時間かかりそうだった。
 そして「集落ステージ」。これは文明もった動物の操作ステージ。AOE系のゲームをやったことがあるひとがいれば、あれを思い浮かべるとかなり近い。村人を指定して、仕事につかせたり、群れて隣の村に行かせて交流とか戦ったり。このステージでは、それまでの動物の体につける装飾品を飾るのがメインで、多分他はいじれなかったような?着せ替えみたいで面白かった。
 更に「文明ステージ」。集落ステージがAOEのやり始めの最初だとすると、文明ステージは終わりの方。富国強兵のためにがっつんがっつん陣取り合戦です。ここからは、動物はいじれなくなり、建物組み立て。積み木に色塗ってるみたいで、カナリ楽しんだ。随分伸縮性のある積み木だ。…むしろ、粘土遊びかな?
 そして最後が「宇宙ステージ」。これがまた、盛りだくさんすぎて。シムアース要素(テラフォーム)と、大航海時代要素(交易)と、アイテムコンプ要素、かな。要は。他にはお使いクエスト。あとは陣取り合戦するもよし、広い宇宙の海原に出かけて帰らないもよし、と。ここで作れるものは…ある意味、「惑星」かな?道具さえあれば、天変地異地殻変動自由自在の上、空や海も色が塗れちゃうし。あと、まだ全部制覇はしてないんだけど、アイテムに「モノリス」があったので、他種の文明を育てる遊び方もあるのかもしれない。

 細胞や動物や建物作成とかこの宇宙ステージ、各単体でもかなり長期遊べる気がする。凝り性な人は大喜びだろうなあ。いやーほんと、当たりでよかった。やることや見方にいちいちコツが必要なので、やり方がわかってないうちはカネをどれだけ無駄にしたことか…orz 特にテラフォームでは、がっつんがっつん金消しました。
 シムシティで、「ある程度やって勝手に街が育ってくのが良かった」って人は、向いてないかも。これはそういう要素はないから。けっこー手がかかるぞー。

 ちなみに私が作ったのは「カロス」族。最初ウィワクシアというネーミングにしようかと思ったんだけど、ウィワクシアが進化して動物になった姿を思い浮かべられなかったので、断念。アノマロカリスからちょこっともじった名前にしておいた。姿は全然似てないっすけど。

 多分、SSつきのプレイ日記でも書いた方が、この面白さは伝わりやすいと思う。成長日記?みたいで。そんなわけで、シミュレーション好きの人は買って損ないんじゃないかなあ…。あと、多分、大航海時代好きだった人も、宇宙ステージうっはうはだと思う。単体行動っぽいので、船員がホームシックにかかったりはしないけどな。
 「ある程度は余裕であとからどうにかできる」というのは、私は相当な長所と思う。つうか多分、これをぬるいと評する人とは、求めることが違うんだろうなあ。

あ、やばい 

 SPORE

 面白そう。やりたい。

無人島物語:SFC 

 無性にやりたくなって、ついつい二日かけてクリア。
 内容を簡単に説明すると、無人島ではないけどそれっぽい島に流れ着いた人らで、サバイバルともいいにくい文化的生活を営みながら、脱出を図るゲーム。主人公があまりにもポジティブで、プロで、感嘆すること請け合い。出てくる人らも、悲壮感というものとは無縁で、やってて楽しい。食い物が腐るわけでもないし、早々困窮する事態にはならないので、まあ甘いといえば甘い。うん。でもこのお手軽さがたまらない。

 あまりに久しぶりすぎたので、まったくやりかたの定石を覚えてなくて、脱出にえらい時間がかかってしまった。人買い?にさらわれちゃったよ。水着のイベントも起きなかったし。フラグ忘れてまくってる。
 次はもうちょっとさくさくいけるようになるといいなあ。探索ばっかり最初にやってたから、文化レベルがまったくあがってなかった。あと、無理して人を引っ張りだしすぎた。それから、慎重すぎて粘土とかとらなすぎた。

 これ、DSとかで出ないかな。向いてると思うんだけど。路線がこのスーファミの頃とはずれちゃったし、もう無理かな。前になんかそれっぽいゲーム見たことあったんだけど、あれはちょっと違ったなあ。

Twitter「つぶやく」ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。