スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温故知新 

 そうはいっても現役で好きではあるのですが、アルバムコンプはできてないからなあ。

 脳内リピートでは我慢できなくなって、ちょっと探してみたら、嬉しいことにあってくれた遊佐未森の「Island of Hope and Tears」。アルバム「水色」はテープだけでCD持ってないんだよな。


 この曲、とても好きでね。そのわりに詳細全然知らなくて、作ったの未森さんじゃないって今さっきわかってびっくりしてるところ。アイリッシュの方々だったんだ。
 カラオケにあっても歌えないだろうな。能力じゃなく感情的な問題で。まあ、ないんですけどね。←しょっちゅう確認してる
 今聴いても涙目になる。大事な歌です。

 思い返せば十何年前、中3だった私は、ご多分に漏れず受験戦争のまっただ中でありました。「戦争」というほど悲痛な話でもないんだけど、この中3の1年間だけは、自分で決めたこととはいえ勉強三昧だったので、テンパってた。それまでただの一度もセーブすることなく読みまくっていた本も漫画も封印してたし。何事も「上も下も見ればきりがない」というのが私の持論ではあるのだけど、ことこの時期においてだけは、私の能力の限界突破まで勉強してたのは自負する。限界突破するのは主に我慢というやつ。で、勉強に疲れた時は、外に出て家の近くの川のほとりでこの曲を歌ってたんです。そりゃ小声でだけど。…今から考えると、夜中にぼそぼそこんな歌歌ってる子がいたら、通報されても仕方ない位痛いと思うんだけど、うちの近所はおおらかだったようだ…。遊佐未森は既に好きだったけど、他の曲じゃなくて、ひたすらこの歌だったなあ。好きな歌はもっと他にもいっぱいあるけど、これはかなり特別。特別というか別格というか別枠というか。
 かなり辛い時期のテーマソング(?)だから辛い記憶が再生されるかといえば、そういうわけでもなく。むしろ、最もアグレッシブに頑張ってた時の歌として捉えてるみたいだ。だから多分、今聴きたくなったのかな。

スポンサーサイト

吉 

 さっき、ちょっと聴きたい音楽があってyoutubeを検索してたんですが…吉幾三の「おら東京さ行くだ」をいじった曲がやたらとあって驚いた。いや、いじったりかけたりするのにとてもいい曲だし、斬新な曲だしという理解は出来るんだけど。ブームが起きてたのか。

 特に笑ったのが、video killed the redio starとの掛け合わせ。ナイスチョイス。

 Capsuleとか他のとかと合わせてやたらと格好よくなってたりとかして。あれか、「才能の無駄遣い」という奴なのかね。
 最初はね、YUKIの「JOY」のPVを視聴してたのよ。そしたらなんか横にこんなのがあるからさ。なんだこりゃと思って聴いてみたら…。

 で、今はなんかPerfumeのliveでの踊りみてほんわかしてます。かわゆいぜ。「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」と「エレクトロワールド」は何度見ても飽きない。実際、何回見てるんだろう私。

 ちょっと話はずれるけど、スネークマンショーってすんげ古いユニットだったのね。電気グルーヴと同期くらいにしか思ってなかった。うはー。小林克也なんて英語の本だしてるおっさんDJとしか思ってなかったし。世の中、知らないことがいっぱいあるなあ。

すばらしい想い 

 友達に紹介して貰ったんだけど、一目惚れならぬ一聴き惚れしました、nangiの「すばらしい想い」。



 視聴がここでできるんだけど、正直これだけでは魅力は弱い気がする。視聴部分はヤマ場なのだけど、そこにいくまでのテンポとかメロディラインのとりかたとか盛り上がり前の静寂とか、それが相当ツボ。鼻歌で歌うときは、自然とサビの4小節くらい前から。

 あんまり気に入ってるので、かなり何度も聴いてるのだけど、強制的に聴かされていることになっている旦那が、こんなことをいっていました。

「この歌の声、どっかで聴いたことあると思ったら、アレだよ。(旧)アラレちゃんのきみどりあかね」

 うわあ。確かに。

Perfume 

 テクノポップで初の快挙  Perfume新曲がオリコン1位という記事を見たもので。あ、あまり関係はないんだけど、3人のうち誰が良いかと聴かれたら、1も2もなく「かしゆか」と答えます。あの子、雪ん子みたいで超可愛い。顔がというより、存在が。細いのにやわらかそうだし。

 閑話休題。この記事を読んでいろいろ首をかしげてしまった。まずオリコンが発表したとかいう日付が1年前のこと。いやまあこれは凡ミスでいいんだけど。それから、テクノポップってなんだろう?と。
 YMOはテクノポップだねえ、確かに。でも、「君に、胸キュン。」がテクノポップといわれても、腑に落ちない。というか、テクノとテクノポップってどう違うの。ポップってつくからには、ポップなのがテクノ?私は軽やかでノリが良いのが好きだから、私が好きな物は概ねテクノポップなのだとは思うけど。と思ってwikipediaで勉強してみたんですが。…。わかりません。特に「テクノ」の項目が。精神論ぶちあげてるのはわかりました。そしてやっぱり、「君に、胸キュン。」は腑に落ちない。まあ私が好きなのはテクノポップってのは間違ってなかったようだ。理解しなくてもいいか。

 音楽のジャンルってわけがわからない。きちんと言葉を使おうとすると、少なくとも数ヶ月は歴史の勉強しないといかんのじゃないか。トランスと呼ばれるジャンルに与する曲は、眠くなるし気分良くなることが非常に少ないからヤダとか、避けるときにはジャンル名称があると便利なんだけどね。

Twitter「つぶやく」ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。