スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へんないきもの 

 深海魚:デメニギスの世界初画像公開 水深700メートル

 宇宙人みたい。なんだこりゃー。
 深海にはまだまだこんなのが、発見されずにゴロゴロしてるんだろうなあ。
 ちなみに「ニギス」を画像検索してみたけど、同じ系統の魚には到底思えなかった。ニギスで検索して出て来た魚、みんなスレンダーだし。…なにをもって同系統ってされてるんだろう。鱗の生え方とかヒレの付き方とか骨格とかそういう奴か?

 この子が泳いでる姿はこちらで見れます。下の方ね。

 つくりものみたいだけど、これもまっとうな生物なんだよな。
 深海って素敵。ガラパゴスとかタスマニアとかも素敵。あとカンブリア紀も素敵。
 カンブリア紀?ジュラ紀とかそういう系?なにをいきなり?って人はこちらをご覧下さい。「カンブリア大爆発」でぐぐっても良い感じです。私はバージェス動物群に属する生命などにウフウフする人種です。

 ←こういう本とかもう、門外漢でたまに意味がさっぱりわからなかったりする癖に読んじゃって、ドキドキしてしまう。概ね丁寧に解説されてるんだけどね…。
 アノマロカリスの「結構最近まで別の生き物だと思われていた化石が、実は両方こいつのものだった」というロマン溢れる話とか、ウィワクシアの「もしかするとトゲ側が下だったのかもしれない、よくわからない」という話とか、オパビニアのへんてこっぷりとか。魅力的すぎる。こういうのがいると、やっぱり宇宙人はどこかにはいるよ、と思う。

 それでもやっぱり、クモとプラナリアだけはほんとにどうしようもない。特にクモ嫌いの理由は、自分でもいまいちわからないから、多分子どもの頃になにかよほどのことがあったんだろう…。

スポンサーサイト

カブリツキ 

 久しぶりにTV番組(映画以外)を長時間堪能しまくってた。フジテレビ開局50周年『ボクらの心に流れる歌』。はい、懐メロ大好きっこの私にはたまらない番組です。気づいたのが遅くて、最初から見れてないのは少し残念。

 ジャニーズ色がかなり強いのを感じつつも、いい内容だったんじゃないかなあ。普通の懐メロ番組よりも時間とってるお陰で、かなり網羅してたと思う。「あの人とかあのバンドとか出ないの?結構あの時代の看板じゃね?」と思った人は、大抵あとからでもちゃんと出してた。「この人ら出した方が良かったんでないのー」って人は、YMO・RCサクセション・TMN・椎名林檎、くらいかな、思い出せる限りでは。あーでも、YMOとRCは、もしかすると私が見れてなかっただけかもしれない、見だしたの途中からだったので。あとTMNは今は出しにくいかもしんない事情もあるね。それにしても、ジャニース出しまくるなら少年隊にもっと時間使えっつうの。スイマセン思い切り趣味入りました。
 いやー、ほんと珍しく不満の少ない楽しんだ番組だった。特に80年代アイドルのあたりとか、時間は短いとはいえ、かなり人出してたしな。…久保田利伸がよく出てたのは、構成した人の趣味なんじゃないかと思う。うん。強いてあげる不満としたら、「曲が短い」とか「曲がヤマだけ」という、もはやどーしようもない領域だ。あとは「みのもんたが司会」(思いっきり個人的好悪)「ジャニーズ色強すぎ」か。勿体なかったな。

 あああカラオケ行きたい。

作法がわかりません 

 リサイクル法にのっとって、業者さんにテレビを引き取りに来て貰った。
 申し込んだときの電話で、「集合住宅のゴミ集積場とかありますか?そこに、お出しするものに部屋番号と名字を明記した紙をつけて、置いておいて下さい。当日業者がお伺いして立会のもと以下略」というような指示をされる。ちなみにトータルで5000円オーバーでした。高いネー。
 引き取りの前日夜、指示通り部屋番号と名字を書いてはっつけて、旦那にゴミ集積場まで持っていってもらう。

 さて引き取り当日。8時過ぎ早々に業者到着、3分ほどで引き取り完了。おつかれでしたー。

 で話が終わればいいのに。
 夕方18時近く、細切れ極少睡眠の穴を埋めるため、ぽやぽやと寝ていた私のもとに旦那から電話。
「業者ってもう来た?」
「朝8時半くらいには来てたよ…もーおわってる。なんで…」
「なんかオーナーから管理会社に文句がいったらしくて、連絡が来てたから。終わってるならいいや、こっちでいっとく。じゃ」
「はいー」
 電話終了。再度寝ようにも、意味がわからず起きてしまう。いやまあ起きねばならない時間だったけど。
 なんでオーナーから管理会社に文句?テレビの話だよな。トラックあそこに止めさすな、とかいう話でもなさそうだし…。邪魔とかそういう話なのかな。でも、他に置くのに適した場所ってないよなあ。一晩だけだし、もうないはず、ていうかないし、なんで今頃。他住民→管理会社、ならまだ話もわかるけど、なんでオーナーから。管理会社に委託してる上そんな毎日来てんのかオーナー。潔癖すぎだろ。名前も出して逃げも隠れもしてないんだから、少し様子を見るとかできねーのか?あれ、ていうかほんとに「オーナーから管理会社に文句」っていってたっけ?寝ぼけてたから自信がなくなってきたぞ。
 みたいなことを考えつづけ、旦那が帰宅するなり突撃インタビュー。

 やっぱり「オーナーから管理会社に文句」というのは合ってて、朝テレビを目撃した人(清掃の人?)が、管理会社ではなくオーナーに直接連絡したのではないか、とのことでした。そんでその間にタイムラグが発生し、その間に引き取られていると。そして、管理会社の人は、テレビが数日ほったらかされていたと思っていたらしい。清掃の人なら毎日はチェックしないし、引き取り当日はゴミ出し日だったからな。
 管理会社からの注意としては、こういう事の前に一言連絡が欲しい&引き取り日も書いておいてほしい、とのこと。でも別に、連絡のことは入居の時になにかいわれてたわけでもない。今回みたいなことがまたあったら嫌だから引き取り日明記は了解するけど、いちいち連絡なんかすんのー?すんげ面倒。集合住宅ってそういうもんなんすかね。ずーっと一軒家暮らしで来てたのもあるんだろう、「名前までちゃんと書かれてるものに、即日文句が飛ぶ」という状況すら理解不能なんですよ実は。いや、名前書いてあるからこそ即日連絡が来たんだけど。物置小屋みたいになってる集積所だし、邪魔なわけもないんだけどなあ…。文句いわれた側がいうことじゃないだろうけど、了見狭いなー。どうも、なにげに動揺してるな自分。この辺の問題に関しては、さすがに自分基準が相当ゆるい自覚が、多少は、あるしな。人によっては、管理がしっかりしている、と安心するところだったりするんだろうか。

 今回の件はわりと意識が一致してるけど、ペットやこういった住宅・近所問題(?)に対して、ゆるいとはいえマンション育ちの旦那と一軒家育ちの私の意識の差を、結構感じることがある。元々かなりの差があって、「結局そこが根本の違いなんだろうね」という結論になったことがあったのだ。…まあ、でも足音は旦那の方がでかいんだけどな。更についでに、私は、実家にいた頃から「もっと足音させてよ!気配なくてびっくりするじゃないの」とかいわれてた。

ToDoリストを作らねば 

 部屋を狭くする一品が届いて、組み立てて、あいてるところに専用グッズを詰め込んで、もうすぐなんだなあ。と考える。実感はあるようなないような。まだまだと思ってるうちにここまで来ちゃったからなあ。近い実感はないけど、もうすぐなんだろう。ということで、明日やることにToDoリストをつくること。とここに書いておこう。

 後期になるとどんどん脳内がお花畑になるという話を聴いてたんだけど、どうも私のお花畑は育ってない。前にも書いたとおり、当初から頭の一部が麻痺してるので、その意味ではずっとお花畑ともいえる。

吉 

 さっき、ちょっと聴きたい音楽があってyoutubeを検索してたんですが…吉幾三の「おら東京さ行くだ」をいじった曲がやたらとあって驚いた。いや、いじったりかけたりするのにとてもいい曲だし、斬新な曲だしという理解は出来るんだけど。ブームが起きてたのか。

 特に笑ったのが、video killed the redio starとの掛け合わせ。ナイスチョイス。

 Capsuleとか他のとかと合わせてやたらと格好よくなってたりとかして。あれか、「才能の無駄遣い」という奴なのかね。
 最初はね、YUKIの「JOY」のPVを視聴してたのよ。そしたらなんか横にこんなのがあるからさ。なんだこりゃと思って聴いてみたら…。

 で、今はなんかPerfumeのliveでの踊りみてほんわかしてます。かわゆいぜ。「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」と「エレクトロワールド」は何度見ても飽きない。実際、何回見てるんだろう私。

 ちょっと話はずれるけど、スネークマンショーってすんげ古いユニットだったのね。電気グルーヴと同期くらいにしか思ってなかった。うはー。小林克也なんて英語の本だしてるおっさんDJとしか思ってなかったし。世の中、知らないことがいっぱいあるなあ。

基本の不眠対策 

 うおーすげえすっきりしたぜー。よく眠れたぜー。

 昨日夕方に3時間くらい寝て、夜も4時間くらい寝れて、だいぶ頭がクリアになった。驚きの白さですよ。
 ダメもとで、yahoo!にあったコレ(動画参照)をやってもらっただけなんだけどね(自分ではもう手が届きません)。ちなみに、yahooの動画って初めて見たけど、広告鬱陶しいね。
 物理的に眠れない状態なんだろうし、効くかなあ、と思ってたんだけどねえ。足裏は刺激ポイントを気をつけねばならないので、マッサージを敬遠していたから久しぶりだったという相乗効果もあるんだろう。ワーイ、このままこの足裏マッサージで乗り切れたら嬉しい。yahooやるじゃん。

 全然なんの脈絡もないんですが(yahooのトップで画像を見たという脈絡ならある)、笑い飯?の西田とかいう人は、あれですか。もやしもんの美里のモデルですか。それとも西田という人が美里を模してる(んなことあるのか?)のですか。なんだこのビジュアルのかぶりっぷりは。吹きだしてしまったじゃないか。そして、軽く検索かけてみて、「みんなそう感じている」という事実を知って笑い出してしまったじゃないか。

 昨日は、母と姉が「掃除をしてあげよう」という建前で家に来ていた。まあ本気でとっちらかった家にあげて「ヨロシク」というわけにもいかないので、前日に掃除しちゃったんだけどね。主に旦那が。ありがとうございます。
 多分、「早く終わったら銀座で買い物」とか打ち合わせてたんだろう、姉貴のテキトーっぷりが目につきました。わかりやすー。妊婦に体重計乗らせた上に「うわーデブ。私より重いじゃん!」といったりとか(当たり前だ)、胎盤とへその緒の役割をよくわかってなかったりとか(さすがにこれは常識クラスだと思うんだけど)、胎児は呼吸していないという事実を「気持ち悪い」といったりとか(まあ、これは気持ちはわかる)、やっぱり姉貴は人として看護師として色々問題ある人な気がする。いや半分は冗談だろうけど。ナーバスになってる人なら、これらの発言は家をたたき出されるレベルだろうw

個人的には最悪レベル 

 喜び一転、中絶という苦渋の決断…香川の受精卵取り違え
 別の女性への説明、中絶の2カ月後 受精卵取り違え疑惑

 当事者達の心理を思うと、ほんとにいたたまれない。
 どっちに転んでも苦しむだろう選択を、自分が選ばなくてはならない状況って、どんなに辛いだろう。
 こういうのも医療事故っていうのかな。としたら、最悪の医療事故だと思う。法律的な問題とか、受精卵を生命とするか云々とかではなく、被害者が、被害を選択するという余地があり、そしてそのせいでヘタをすると世間から批判される。その点で、被害者が被害者であるという、あるべき免罪符(っていうのかな。ちょっとうまい言い回しが見つからない。責任がないという免状というか)が取り上げられている気がする。中絶しなかったらしなかったで、別の様々な苦しみが生まれるのに。

 このニュース、あんまり追いすぎると泣けてくる。せめてもの救いは、中絶した女性は若かったことだろうか。

 ちなみに、私自身はものすごい抵抗あるけど、中絶自体を否定する話ではないです。統一見解など出るわけがないし、私は生命原理主義ともいっていいくらいに偏ってる自覚あるから、多分議論できねえ。羊水検査で、先天性異常の%が高かったら堕胎とか、絶対自分はできないし、その選択をした人はどれだけ苦しんだだろうと思ってしまう。でも、現実にはケロっと出来ちゃう人もいるわけで。しかし、子どもをなすこと自体が親のエゴであるなら、ある意味それを突き詰めてるともいえる。どういう批判ができようか。

快眠 

寝付きは微妙だったものの、たまに眼が覚めたものの、一度も布団を抜け出さずにまともに寝れた。多分6時間くらい。通常だとまだまだ足りないくらいだけど、今は貴重なのです。
昼寝してもトータル睡眠は平気で6時間以下ばっかだったしね。
まだ寝れそうだなあと布団の中でぐずぐずしてみたけど、これ以上はむずかしいようなので、もぞもぞおきだしてみました。
寝れたからといって、頭がクリアなわけでもない。雨のせいかなあ。

マッサージは偉大 

 あまりにもばりばりなので、ひっさしぶりにマッサージに連れてってもらった。こんな体になってるので、あんまり気軽に行けなくなっちゃったのもあって、慎重に検索して予約して、銀座の某所に。
 マッサージは、普段は旦那に結構やってもらったりもしてたのだけど、私のコリは根が深いので、コリ度数70とかになってしまうと、65に戻すのにもかなりの苦労があるのだ。

 マッサージしてくれる方と相談して、スタンダード(全身)50分+頭ツボ20分というちょっと贅沢コース。そこはアロマオイルマッサージもやってて、そっちもお勧めされた。私みたいな凄いことになってる人はそっちのがいいらしい。ものすごい興味はあるけど、肌と時間の関係で、今回はスルー。
 マッサージ師さんが思わず「うっ」ともらしていた場所は、肩胛骨の下付近・腰・首・耳の下付近・頭全体、といったところでしょうか。頭はかなり酷かったみたい。「ここまで凝ってる方は、相当久しぶりです…」とかいわれました。ははは。「足も硬いんですけどね、上半身が段違いに酷いです。一度アロマ上半身コースと頭ツボで合わせて、上を徹底的にやった方がいいんじゃないかな」とのことでした。
 アロマはアトピーなのもあってオイル怖いと伝えたところ、取りあえずカモミールの処方でパッチテストをしてくれることに。48時間経過を見て欲しいとのこと。パッチ?は腕全体だったのだけど、終わる頃には塗ったぬるぬるオイルがさらさらになってたのが、ちょっと衝撃だった。うーん、これならやっても大丈夫かもしれない。今のところ、目立った問題はなし。
 でも、頭ツボ+アロマ上半身、時間もばっちり(全行程2時間)だけど値段もばっちり(トータル13,650円)だしなあ。出産後の息抜き放流で、とかになるかな。

 ちなみに、私が泣きを入れかけたところは、肋のあたり(骨の間に指突っ込まれる感じのマッサージで、くあああああときた)・腿のリンパ(まあここは痛いんです、毎度)・尾てい骨(骨抑えられた)、でした。
 早々に「これは…今日はかなり表層のコリしか取れませんが…」と宣言されてましたが、1日で取れるなんて思ってないというか金積んでも無理と思ってるから大丈夫です。いやあ、上を見て背中に変な違和感を感じないのって、気分いいね。(今までは、背骨に沿ってコリがあったので、上を見るとそれらが圧迫されてた) ちなみに、施行前と施行後の柔らかさ、「人参と大根くらいの差がある」らしい。わかるようなわからんような。しかし、マッサージって、受けると、そのあとは大抵ぐってり来るんだけど、ここはそんなに来てないなあ。なんでだろ。私的には、歴代5指には入るかなってくらいに気持ち良かったけど…。体調とかもあるのか?

 その後は、何故かお寿司食べて、有楽町のビックカメラでポイント消費。色々あるから、ポイント使えなくなるのもなんだしねってことで消費しに行ったんだけど、なんだかんだいって繁盛してるね。場所が良すぎるのもあるけど、人多いっつの。
 この買い物で、デジカメで撮影した画像を、気軽に私のPCに取り込めるようになりました。SDカードスロット?っていうの?あれが無かったんで。

はっぴーばれんたいん 

 初めて逆チョコもらった。クランキー
 ホワイトデーも完全スルーの人なのに。
 この間出かけたときに、甘いもの甘いものとやたらと暴れたのを見て、哀れに思ったらしい。まあ、ちょっと暴れすぎたか。あんまりにも暴れるので、喫茶店つき不二家に入ってでケーキを頼んだら、母と旦那の分が来ても、私のオーダーは放置されまくりで以下略。食えたからいいけどね。

 ちなみに、クランキーくれた数時間後「あれ、俺もしかして逆チョコあげたの?」といってました。

 お勧めされて買っておいたチョコをあげた。そして二人で賞味させて頂きました。いやちょっとしかもらってないよ。確かにウマかった。味がしっかりしてるわりに、辛くならない絶妙さ。
 この時期じゃなくても、いつでもチョコ特設展示してればいいのに。あんまり大量に買えないけどさ。

仕方ないんですが 

 体がいろいろきつい。いや、順調なんだけど。てゆーか特に今日きつい。
 細かいこと書き出すと際限なくなるし、生々しい表現やらも相当増えてしまうので、「眠い」以外は殆どここには書いてないし、今は書くつもりないんだけど(あとからものすごいこっそり、記録として書こうかなとは思ってるけど)。予想外すぎるといわれるほどに経過は順調だけど、それでもいろいろきついのだ。というか、順調だからこそ、細かい体の異変が気になってるんだろう。あれこれ重大なトラブル発生した妊婦さんなら、どれだけ大変なことなんだろう…。

 我が身に降りかかる前、「大変なんだろーなぁ」という想像はしてたんだけど、いやはや、実際思ったより…というのかなあ、想像以上に大変だw 理論と実践は違う。ってそういう話じゃないですね。我が身でなければ所詮人ごと、同調し同情したところで限界があるのだ。当事者でなければ「その事実を忘れられる瞬間」というのは絶対あるから。わかっていないことをわかっていたつもりで、実感としてわかっていなかった。持続というのは非常な運動エネルギーだと思います。うん。

長電話 

 久しぶりにやった。しかも国際電話で2時間とか。いいんでしょうか。いいことにしておこう。
 電話が終わったあと、それでも「あ、あれ聴いとくの忘れたな」とか「あれはそういやどうなったんだろ」とか、どうも話し足りなかったらしいという事実に、自分で笑った。まあ久しぶりだったし。話してる最中に、他のことを思いついて聴くの忘れるし。続きは会った時に、とかなかなかできない距離だし。
 色々とっても大変そうな状態だけど、思ったよりは元気そうで安心した。箸が両手で使用可能になったというのを聴いて、転んでもただでは起きないというのはこういうことかと思った。色んな意味で前向きだ。
 私も前向きにいこう。出産時のトラブル話を読んでへこんでる場合ではない。

 そろそろ、もうToDoリストでも作って、消費していかないとまずいなー。忙しいわけではないんだけど、体の融通がききにくい。眠いと寝るの優先しちゃうし。

ちょっと情緒が不安定 

 昨夜、親からの電話でうんざりしてしまった。内容的にはまったく問題はない、むしろありがたい話。
 ただ、私が子どもの頃から感じている親の嫌な特性がしっかり出過ぎてて。
 例えば、私が約束は破られて当然と思ってるそもそもの原因。あと多分、お金に対する価値観がかなり軽い原因。いうだけいってアテにしても結局履行されないとか。履行されないことに文句をいうと逆に怒られるとか。頼んでもないのに思い出したように「○○してあげようと思ってたのに、忘れてたわ」といいつつ、結局そのまままた忘れるとか。だったらいうなよ。と思うんだけど、「気にはしていた」主張なんだろうな。そういうのにずっと触れてると、「何かいったとしても期待しない、お出かけなどの予定をたてても喜ばない」という子ができあがります。履行されることのほうが稀だったから。でまあ、思いっきりその辺に触れるような話だったんで。思い出したように、なにかしてくれようとする(そして履行されるのは稀)。思い出したようにってのが、実際思い出した時なんだろうというのが、取りあえずまずへこむんだよな。

 しかし、「仕事第一の人だから」と諦めて流すようになったのは相当昔の話なのに、しばらくめそめそしてしまった。さすがに、精神状態も不安定になってるのか、今更な自分にびっくりした。

 私はここは、できれば踏襲しないように気をつけよう。親の愛情は疑ったことはないけど、「どーせ今回も」と思い続けるのは苦痛だった。

面白かったので拾ってきた 

 ×ねさんとこから。「絶望ポーカー

 私の結果は以下。

【絶望ポーカー恋愛編】

今ここに、恋愛人生を賭けて絶望ポーカーに挑む者がいる。

その女、はやみ。すでにいくつもの修羅場をくぐってきたこの女は、すでにオーラだけで会場を呑み込んでいた。その緊迫感ゆえなのか、会場中が彼女の挙動を見守っていた。彼女は迷いなく最初のカードを引いた。

┌─┐─┐─┐─┐─┐
│結│常│妥│妥│寛│
│婚│識│協│協│容│
└─┘─┘─┘─┘─┘

カードを開くと、まさにそこはカオスだった。どう解釈すればいいのか。煩悩に満たされたカードたちは、まさにはやみの中途半端な人間くささを表してもいた。「小市民か」と吐き捨てて、会場から早々に去るギャラリーさえいた。

はやみは「常識」「妥協×2」「寛容」を捨てた。

残したカードは「結婚」のみ。はやみは、そこまでして「結婚」にこだわっているのだ。

彼女は勢いよく次のカードを引いた。

┌─┐─┐─┐─┐─┐
│結│我│我│我│我│
│婚│慢│慢│慢│慢│
└─┘─┘─┘─┘─┘

「我慢」によるフォーカード…

中でも見所は「妥協」を捨てて「我慢」がやってきた部分であろう。それがはやみにはお似合いであった…。

人ははやみをこう呼ぶ。「我慢に振り回される女」と。
────────
【技名】
無茶斬り、そして「我慢」によるフォーカード
【スコア】
-170点
────────
◆この結果URL
http://poker.hanihoh.com/r/?k=090201xpmo4985322c3c9e5&th=01111EE
◆絶望ポーカー
http://poker.hanihoh.com



 スコアひくっ!!!!
 別にそこまで我慢強いられてない…と思うんだけど、まあある意味で結婚とはそんなものなのでしょうね。とかまとめてみる。妥協の2ペアを捨てたら我慢の4カードってのがポイント高いなあ。

2月のカレンダー 

 数字がぴっちり枠に収まってて、非常に愛くるしい。(日曜始まりのものに限る)

Twitter「つぶやく」ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。