スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まともな本屋がない 

 コメントや前のエントリでもちょこっと触れてるけど、今住んでいるこの街は、非常に本屋の質が悪い。
 本屋自体は、小さいながらもいくつか点在はしているのだけど、品揃えが悪すぎる。
 別に贅沢いってるわけじゃない。まあそりゃ理想は池袋のジュンク堂とか大好きだった池袋新栄堂(閉店)とかだけど、そこまで求めるのは酷なのは重々承知。でも新書館幻冬舎コミックスレベルだと新書すら買えないってのはどーなの。雑誌を置くなら単行本も多少は仕入れろ。あーヘタリアは平積みされてたけどね。……どの店も、清々しいほど売れ線しか入れていない。
 唯一、ちょっとだけマイナー路線を置いてる本屋もあるけど、マイナー路線をちょっとだけカバーしたところで焼け石に水なんだな。自分で要望だしておいてダメ出しするのも酷いですね。
 引っ越してきた当時は、まあまあ使える1,2Fの本屋さんがあったんだけど、閉店してしまったのだ。私からしてみりゃ「これだけあればまあ街のメイン本屋さんといっていいね、まだちょっと足りないけど」ってレベルなんだけど、それすら貴重だったっていうのがなあ…。

 まあ、Amazonがあるから「だったらまあいいかー(byペンギン)」と救われるけどさあ。これがいわゆる二極化って奴なんかね。非常な小型店舗か、大型店舗か。
 通常の本屋はストレスが溜まる、通って楽しいのは古本屋って、どうなんだろう。あーいつの日か、また目的意識のないまま大型本屋をハシゴしまくって、本を大量買いしたい。目的があるならAmazonでいいから。

 そういえば、新宿の東京モード学園のビルに入ったっていうブックファーストはどんなもんだろう?

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hayamisay.blog62.fc2.com/tb.php/111-cb23fa96

Twitter「つぶやく」ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。