スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日蝕のあとに初注射 

 日蝕中は準備でばたばた。
 ちらっと見たけど、ばたばた中なのでそれっきり。写真もビデオも撮るの忘れた。あああああああ。
 余裕を持って準備をしていたはずなのだけど、何故こうなったんだろう。ちびは日蝕を見れてません。とにかく眠いらしく、ずっとうにゅうにゅだらーんうつむきだらーんの状態だった…。
 ここ2日くらい、なんか睡眠がマイブームのように寝まくってるのです。

 というわけで、午後から3・4ヶ月健診とBCG接種に繰り出し。待ってる間、なんとも悲痛な乳児の泣き声が聴こえる聴こえる。さあ、果たしてちびは耐えられるのだろうか。と、楽しみに。
 順番がやってきて、いざオムツ一枚で色々測定。

 体重:5200g 身長:59.0cm その他:特に問題なし。

 …成長曲線ギリギリですが…。やっぱり小さめか。ううむ。結構ミルクもほいほいあげてるんだけどな。周囲のお子さんたちは6kg越えが当然くらいみたいで、少しあせったりもした。それにしても8kgオーバーのお子さんは大きくむちむちだったなあ。お母様はあまり大変そうなぶりもなく、細い体でひょいひょい抱っこしていた。さすがだ。
 診察の間、ちびがぐうぐう寝ながらごろんごろんと寝返りをするのを見て、看護師さん?とお医者さん苦笑。「もう寝返りしちゃうんですねー」「おーい起きてくれー」「寝ないでー」と大人三人がかりでむにゅむにゅしているちびを起こして、あれこれ試し、問題なしの太鼓判。首据わりも完璧とのこと。ちらっと体重が少なめなことをいってみると、「もう寝返りもしちゃってますしね。運動量多いのもあると思うので」と軽く終わった。あと、「寝返り、早くてダメってことはないから平気ですよ」とも。

 その後、本日のメインイベントBCG接種。「おかーさんはこう抱っこしてこう抑えてこうでああで打つ腕は私が押さえますからね」と指導されつつ、本番。「ちび、ちくっとするからね」といいながら一つ目のクリリンおでこを左腕につくるべく、お医者さんがぎゅー。…見た感じ、「ちくっ」じゃないな…。ぐいーっとくるからねー、のほうが正しかったな…と思いつつ、二つ目、ぎゅー。ぐぐぐっと押され、ちびが「うにぇ」といったところで完了。終わってしまったので、それ以上ちびは特になにもいわず。しかし、液が乾くのを待つ間、腕を押さえておくんだけど、これはあと一歩で逆手みたいな状態で、この状態がいやで泣く赤子もいるのではなかろうか。と少し思った。わりとどの子もおとなしかったですが。乾き終わって許可もらったら、洋服を着せる。跡を見ると、なんか針の跡より周りの○の跡のほうが痛そうなんですが…。BCGってこんなもん?
 あとは、保健士さんとおしゃべりして帰宅。昼夜逆転直しついでに、発達で少し気になるなら、お医者さん来る日にお話しにいらっしゃい、といわれて、そんじゃまあ、ということで軽く予約。
 私の育児は比較的楽なほうだよな~と思っていたのだけど、睡眠が影響している(昼夜逆転みたいな状態・まとまって寝てくれない・私の寝つき遅め等)のは、結構心身ともにダメージ食らいやすいんだそうで。予想外に、大変ねえ的な同情をたっぷりめに受けて面食らった。面食らいすぎて思わず軽く旦那の擁護までしてしまった(一人で大変ねみたいにいわれてしまったので)。時間的に、その保健士さんが相手をするのが、私が終わりかもう一人できるかってくらいだったので、その話引き伸ばしだったのかもしれない、と感じるのは穿ち過ぎだろうか?w それとも、皆そんな問題のない育児をしているんだろうか?…そうでもないよなあ。うーん。結局私が眠いのに強いから、へこたれずにいれるとかいう話?よくわからない。まあいいか。

 帰りは、「もやしもん8巻が出てるはずなんだよな~」と本屋に寄ってみたけど、7巻までしか発見できず。売り切れか?ちっ相変わらず使えない本屋たちだぜと思いながら帰宅。そのあと、再度確認してみたら発売日明日でした
 本屋さんたち、いちゃもんつけて申し訳ございません。
 あと、ドラクエのすれ違い通信で3人引っかかりました。わーい。

 それにしてもこの時期この時間帯は、抱っこしてると、ちびがゆだってそうで大変だ。冷たいのをタオルにくるんで仕込んではいるけど、もっとちゃんとした対策したいなあ。抱っこ自体が問題なのか?

コメント

友人の子供は100%BCG時にギャン泣きしたと聞くのに
さすがはやみんのベビは違うな。
赤子にしてすでにその冷静沈着さ。
旦那様にお会いした事は無いけど、確実にアナタの子だと言うことが分かるw
DNA受け継いでるわー。いいキャラになりそう。

もう随分大きくなったんだろうね。
暑いから母も子も大変だと思うけど母子ともに健康な夏を!
まずはアナタが食べなさい。
もうちょっと太っていいと思うぞー。

よく眠るのはいいですねえ…!
うちはほんとに寝ない子で、しかも床やふとんに置くと泣くので、いまだに半日以上抱っこの日々が続いてます…。

でも、大変なことが多少あっても、親バカフィルターのおかげでけっこうなんとかなっちゃうというか、楽しみに変えたりしあわせ見つけたりできて、案外平気ですよね(笑)

>シズ
冷静沈着な人間はこんな出掛けにバタバタしないと思うの。
でもまあ確かに、騒がなかったのは私の血かもな。ああ、あと、ちびが継続して笑うようになって確認できたんだけど、この子えくぼできるわ。多分これも遺伝…。
以前、保健士さんに「赤子にも説得はきくから、泣かないように言い含めてみれ」といわれていて、実行した成果かもしれない。
「最後まで頑張れるかなー?泣かずにいられるかなー?強い子だから大丈夫かなー?」
とかそんな感じで洗脳してた。ミッション成功。
寝まくってたのは、彼女なりの現実逃避デスカネ。

>たきがわさん
なにがなんでも寝ない!ってことはないので、助かってます。特にここ数日はほんとに、心配になるくらい寝まくってた。。。起きてる時間は食事+3時間あったかどうか、って程。
体が自由になる時間がほとんどないのはなかなかきついですねー。べったりしてだらーんとなってるのが、超可愛いんですけどねw
ひたすら抱っこ抱っこは、うちでもありますが、「甘えっ子モード」といわれとります。エスカレートすると座って抱っこも拒否し、親に起立を促します。あの子、Sです。
ずーっと甘えっ子モードだと、まず膝がやられそうだわ。たきがわさんは大丈夫ですか?

そうそう、親バカフィルター大事ですよね!!
泣き止まない姿すら「口がひょうたん型だよ!」とか「くやしいですの顔だー」とか「寄せてる眉間が可愛くてよーつんつん」とか「今ほぎゃあっていった、マジでしっかりほぎゃあって口にした(爆笑)」とか萌え苦しめるの大事。
いや泣いてるのは可哀相なんだけど。赤子は「こっちが泣いてるのに笑うとか、親って存在はどんだけS?」とか思ってるんだろうか。

保健士さんの話、旦那は、「大変大変っていうのは、どのお母さんにもいってたんじゃないの?」といってました。そうかもしれないんだけど、やっぱり私のときは長かったんだよなー。穿った内容が合ってそうw
大変大変って同情されると「そーか大変なのか」って引きずられちゃうから、私の場合は軽くでいいんだけどな。(ぢごぷりも同じ理由で遠ざけた)
普段の状態だと色々考えてしまうんだけど、まだ妊娠中の頭悪い状態から完全復活はしていないので、深く考えずに済みますw

暑いよねぇ

ちびちゃん、だいぶ成長が垣間見られてうれしい限りです(笑)

今から寝返りができるということは、ベビーベットも安心はできないということなので、気をつけてあげてください。
目を放した隙に、ベビーベットからの転落が十分に考えられるので、昼間はベビーベットよりちびちゃんの布団を床にひいておいて寝せる方が安心かもしれません。

乳幼児は、大人よりも体温が高いとマタニティースクールで教わったと思います。
大人よりも服は1枚少なめで着せてますよね?

それよりも、ちびちゃんのママさんはちゃんとご飯食べてますか?

気になる事があったら、今度のドクターとの面談の時にどんどん聞いた方が気分的にも楽になるという気がします。
母親の精神状態の不安定が赤ん坊に影響を及ぼすことは十分に考えられることです。
まったりとゆったりと構えていた方が良いですよ。

うちはなんというか、はやみさんのちびちゃんのエスカレートモードが常時って感じですかね…?
基本的に抱っこしたまま立ってないとだめで、それでもだめなときは「抱っこしたまま歩いてよ~!」とせがむので、ひたすら家の中をうろうろと歩き回ったりステップ踏み続けたりしてます。しょ、正直いえば体はもう限界値突破寸前ですね(笑)

とにかくよかった探しというか…元気だったらもうそれでいい!とか、人生のたった数年間泣き虫なだけだよね!とか、もうできるだけポジティブにしてますw

>あちょさん
暑いので、今までになくクーラー稼動してます… 自分ひとりなら大丈夫なんだけどねえ。汗はかかすようにしてるけど、暑くて泣いてるのは可哀相で;

ベビーベッド、あちょさんは底が浅いのを想像してる?うちのは柵の上まで50cmくらいあるから、今はまだ大丈夫だよ。ベッドガードもついてるから、下で寝かすよりも頭とかぶつけるのに対応できるし。今度、畳の上でどこまで動くか見てみたいと思ってるんだけど、時間さえあれば部屋の端から端まで行けそう。
服は私より1枚少ないと、オムツいっちょになるのでw、ロンパース1枚みたいな感じで着せてるです。

今のところ夏ばてらしい気配はないよー。旦那メシをきちんと食べれてます。そして体重がなかなか落ちないです。ご心配ありがとう。
気が張ってるのか、純粋に夏に負けてないのかはわからないけどもw

>たきがわさん
ひ え え え え え え
ドSだったかイチカちゃん…w
超お疲れ様です!そうだよなあ、うちのちびくらいでも、手が腱鞘炎になりかけたり膝痛めたりしてるのに;
私はビョルンの抱っこひもは、使える時期が短いと思って選択肢から外したんだけど、そりゃー使い潰す勢いで活用できそう。

妊娠したことも、無事に生まれたことも、奇跡的なことだと思います。
「妊娠中のあの不安に比べたら、今ここに居て見えて対応できるんだ、泣くくらいなんだ」と思える。
よく泣くのは、感受性が強いのかもしれないですねー。スピルバーグとか、すごい泣き虫の怖がりだったらしいですよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hayamisay.blog62.fc2.com/tb.php/150-b03e07d7

Twitter「つぶやく」ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。