スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google日本語入力スゲエ 

 私は、PCを使い始めた当時からワープロソフトは一太郎のお世話になってるのもあって、日本語入力システムはATOKご贔屓。ただ、実家にCDを置き忘れて来てしまったので、うっかりXPを入れ直してしまった今は、不承不承MS-IME(Windows付属のIME)を使っていた。
 で、旦那にぼそぼそ
「ATOK欲しいなー…どうせなら最新版だよねー…パッケージ版でいいからさー…このバカIME、かなりストレスたまるんだけど…」
 などといっていたのです。
 多分、日本語入力システムを気にしたことのない人には、わかりにくい話になると思われます。

 学習能力の足りない、語彙が激しく貧弱なMS-IMEにはほんとウンザリしてたんですよ。だって、あの子、このblogのタイトル「蝟集」すら変換できないんだから。別に何か特殊な用語というわけでもないのにいちいち単語登録をするのって、すごくストレスが溜まるのです。なので、「Googleが日本語入力システムを出した」というニュースを見て、飛びついたのだ。MS-IMEよりは使えるに違いないと。

 Google 日本語入力

 今もこのGoogle日本語入力でこの文章を打ってます。私の評価は「ATOKちゃんは辞書的優等生。Google日本語入力はストリート雑学王」ってところ。やっぱり、細かいことまで丁寧で、至れり尽くせりかゆいところまで手の届くATOKちゃんに軍配が上がるけど、Google日本語入力は、これはこれでかなり使える子。正直タッグ組んで欲しいくらい。MS-IMEはポイ。

 まず、変換の仕方の適当さ加減。これ大事、というか、これが弱いと、うちの娘の名前が変換できないのよね。MS-IMEでは、いちいち別の読み方で打ち込んで確定して邪魔なの消して、みたいなことをしなくてはいけなかったのだけど、google日本語なら、名前を打って、変換を切るところ調節して、候補を探して、という当たり前の日本語入力で変換できる。学習能力もあるので、次からは一発変換。よしよし。

 Google日本語入力の凄みは、webから取得してくるその圧倒的な固有名詞への強さ。恐ろしいくらい。数ある日本語入力システムの中では、まだβ版ながらぶっちぎり一位でしょう。
 漫画家の名前、漫画の名前、アニメの名前、アニメキャラの名前、ゲームの名前、通常単語登録しないと変換などできなそうなものが余裕で現れます。「獣王星」「寄生獣」「日出処の天子」「池田光流」「萩尾望都」「竹宮惠子(ほんとはこの字が正しい)」「山岸凉子」「綾辻行人」などがさらっとでてきたときは舌を巻いた。オタ層からは絶大な支持を得ることだろう。ATOKも、結構このへん(というか、流行りキイワード取り入れ)を頑張ってたんだけど、webから情報を取ってこられるgoogleさんには完璧に負け。マイナー中のマイナーな人まではチェックきかんしね。ええ、google日本語入力はマイナー中のマイナーで「誰が知ってるんだよっつーか読めない」って人も変換してくれるみたいです。私はそのような人を思いつかなかったので、例を挙げられないけど。
 ちなみに、webからぽんぽん取ってきちゃうので、web上に本名公開してる人だと、珍しい名前でもあっさり変換してくれちゃうらしい。いいのか悪いのかw
 専門用語はどうなのかな。ちらっと聴いた話によると、麻雀用語には弱いらしいが…。
 そして今思ったけど、一部、第二水準漢字だったかしら?普通に表記できてるのかな。
 このついでと申しますか、言葉狩りに遭った言葉たちも、平気で変換してくれます。小人(こびと)とか、盲(めくら)とかね。自粛という言葉はまったくないようです。ぶっちゃけ、試しに卑猥な言葉も変換してみたけどかなりあれこれできるw

 予測変換機能というものがあって、打ってる最中から先を予測して候補を挙げてくれる機能がある。google検索の時にも使われてるあの機能の応用ですね。これは、アジャストと呼ばれるやつで、機能を切っても変換前にtabキーを押せば出てきます。便利。巷ではこれで遊ぶのも流行ってるみたい。「ただしい」で「ただしイケメンに限る」とか出てきちゃうとかそういう。
 この機能、一長一短で、間違った日本語も普通に出てきてしまう。「おめい」でtabキーを押すと「汚名返上」と並んで「汚名挽回」が出てくるとか。おそらく、調べればこの例は枚挙にいとまがないでしょう。なんせ良い悪いの判断なんかせず、候補を取ってきちゃうからね。
 そのことを指摘して「日本語の乱れがあああ」と憂慮している人もいるんだけど、私は別に出てきてもいいと思う。並べられて「さあどれにする?」とされるのであれば、日本語を改めて考えるきっかけにもなるんじゃないかなと。MS-IMEで(何故か変換できない)とかやってるより、ずっと訴える何かがあるはず。さすがに「がいしゅつ」で「既出」は出てこないし。

 さて、優秀な面を挙げたあとは、私の思う短所。とはいってもATOKちゃんと比較してのこと、MS-IMEとは以下略。

 まずは、基本入力に関しての指定が少々弱い。大雑把にはできるので、たいしたストレスではないんだけど。ATOKでは、テンキーの数字→直接入力もしくは半角数字、キイボードの数字→全角数字 という使い方をしていたので、それが踏襲できないのはちょっと辛め。
 次、何故かF10キーでの変換に制限がかかること。これは、実は私には大いにストレス。
 というのも、私はアルファベット表記したいものを打った場合、F10キーで変換する癖がある。例えば「ごおgぇ」と打ったあと、F10キーを押して「google」にし、場合によっては「Google」と頭文字を大文字にするのです。完全にそういう癖がついている。(ちなみに、これは通常変換で十分可能なので、こんな癖がなければ何の問題も無いといえば無い) で、これ、「google」だと問題無くF10キーで変換できるのだけど、「f10」や「sf」など、「ローマ字3つ未満の単語」だと何故か機能しなくなるのだ。ま、ローマ字のひとつやふたつ、shiftキーを押しながらキイ打てばいーだろ、つうか他にいくらでも変換方法あるだろって話で、わりと普通そうやってるんでしょうな…。でも10年以上の癖なんだもん…。
 それから、ATOKでは割と普通にできてた、カタカナ語から英語表記の候補を出す、ということができない。(例えば、「えーとっく」「あいまっく」と打って、「ATOK」「iMac」と変換すること)
 …まー、βだしタダだし、そのようなものにここまで求めるのは酷ってもんでしょうけどね…。というか、これが侵食されたら、それこそATOKちゃんまずいから、やらんでいい!w

 あ、あと、ちょっと動作が重いって話も聞くなあ。私は早々にアジャスト機能は切っちゃったし、よくわからないのですが。

 というわけで、興味の出てきた方は

「Google 日本語入力」はATOKやMS-IMEを超えることはできるのか、実際に使って実用に堪えるかどうか試してみた - GIGAZINE

 この記事を読んでみるのもいいと思います。私、この辺の話をすっとばして書いたので。

コメント

なにっ

そんなにすごいのか。
ずっとIMEだったけど。
けれどもF10が今までどおり使えなくなるのはストレスかもしれないなあ。

すごいよー。試す価値あるよ。MS-IMEなんてポイです。
noirちゃんもF10使いだったか。
F10は確かにちょっとイヤンなんだけど、そもそも「ローマ字3文字未満の単語を大文字にする」という機会って、ものすごく多いわけでもないんだよね。というか、私にとっては、そのことでイラっと来るより、MS-IMEが変換しねえぞこの野郎ーーー!って方が、ずっとイライラ度高いから…。
例えば、日常用語じゃないけど、MS-IMEでは「錬金術」は変換できるのに、「れんきん」だと「連金」しか出てこないとかもう意味がわからない。

あと、まだ正式版ではないので、そのうちちゃんと対応してくれる期待もできる。
正直、これが無料で出てしまうのは、マジでATOKピンチです。ATOKちゃんの至れり尽くせり機能の一部を「鬱陶しいおせっかい」といってた層にはジャストミートだろうな…。

おひさすー

すっかりとご無沙汰しとります、ぜんぜんコメントしないけどちょくちょく見に
来てはいるBです。

色々あったけど何とか生きてます、健康面は前よりは大分マシになったかな
タブンw
ゲームは最近広く浅く…がモットーになってSealの方もすっかりとご無沙汰し
てる現状だったり、時々INはしてるんだけどね(汗

Google変換凄いみたいね、気にはなっていたけど結局まだ試してない(ぉ
固有名詞の変換だけでも入れてみたいところだけど細かいところの操作感が
変わるとムキーーーッとしてしまうんでw(テンキーでの半角数字入力とかF10
は良く使うし)
あとは一部ゲームと相性が悪いという報告もあるようなので今しばらく様子見
かなぁ。

MS-IMEでは固有名詞はユーザ辞書に頻度の高いものは登録してるけど、私が
一番IMEでイラつくのは学習機能かな、頻度が低い候補がいつまでもトップに
居座ることがよくあるので(苦笑

お、おひさしゅう~
どもども、ご覧の通り適当に育児してる日々です。

google日本語、ゲームと相性悪いのかー…それはゲーマー的にはちょっとねー。ただ、切り替えわりとすぐできるから、試すだけ試すのも良いと思うよん。
操作のカスタマイズ、もうちょっと出来ればいいんだけどね。
あとこの記事書いた後に痛感したんだけど、ATOKちゃんの賢さにはやっぱり全然及ばない。とある単語を入力確定したあと、続く言葉の変換の適当さが比べるべくも無い。ATOKから乗り換えるって人はいないだろうな。併用するって人は多いかも。

Sealは私もほとんど行ってないす。時間的に行けないこともない時もあるんだけど、「みんなと喋りたいのになー」って時にちびによって切断されるのがいろいろ精神状態に悪影響でして。蛇の生殺し的な。
つうわけでご無沙汰してるけど、行く機会があったらあの世界の皆様によろしく。って伝えて貰う前に伝わる人もそれなりいそうだ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hayamisay.blog62.fc2.com/tb.php/167-9886f70e

Twitter「つぶやく」ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。