スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今となってはとても正しい青春だったと思う 

 当時から「なんか響きが自分に合わないよなー」と思ってた、「ぢょしこうせい」というカテゴリにいた頃、私にはたいそう嫌いな人がいた。前振りは別に全然関係ないです。冗談でも「花も恥じらう」とかいえない!という思いが突き抜けちゃっただけです。あと青春とかなにそれって感じ。だったらなんでタイトルにつけてるんでしょうね…。

 最近ではそこまで神経質にはなってないんだけど、昔は私、「嫌い」という言葉がとてもとても嫌いでして。その理由はいろいろあるけど、細かく書くと長くなるし本来書こうとしてたことを忘れそうなので置いといて。強すぎる言葉なのでそれはそれは慎重に使ってたというか、ほとんど使ってなかったんだけど、その私をもして「嫌い」といわせる人がいた。
 ひとりは、国語(現国だけだったかな?)担当だった教師。今にして思うと、「考え方が根本的に合わない」「ソリが合わない」という類ではなく、彼の授業スタイルがカンに障るという状態だったのだと思う。現国なんていったら、生徒たちの格好の睡眠の場だったりしたわけで、その人は、いかに寝かせないようにするか、いかに(テストの)点を取らすかという方に向いた授業+語り口調・教え方で、あんまり勉強はしなくても、読書量の貯金からそこそこ点の取れた私のような人間には、押し付けがましさやら「こんなんだから現国の授業は嫌いなんだよ!」といいたくなるような、そういうのの諸悪の根源だったわけだ。だから、そういう授業をするそいつが大嫌いだった。多分。

 多分というのは、今もう明確には憶えてないんだよね。何か決定的にアウトな事件があったとか、そういう話じゃなかった気がするし。まあテストの時に「こう教えたからこう書いて欲しかった」とかいわれたときはイラっとした、とかならあったけど。えーと、当時の私からぼそぼそとこんなこといわれたって、覚えてる人がいたら教えてw
 おそらく、とある名物教師ともいえるような世界史の教師がいたんだけど、その人のスタイルを真似て失敗してたんだろうなと今では思います。「なーんーで!」の人、といえば授業受けたことある人らは「ああ!w」と思い出すだろう。ちなみに私は世界史教師の名前は忘れた!(←酷い) 今となってはもう一度受けたいと思う。
 あと、現国なら某女性教師の方がだんっぜん面白かったな。…羅生門は忘れられん。

 閑話休題、もうひとり嫌いだった人間はやっぱり教師。家庭科の教師だったのだけど、こっちは決定的な理由があった気がするな。もともと好きではない人だったんだけど、確か、谷川俊太郎の詩を(私からしてみれば)ものすごいねじ曲げて語ったことだ。つうても、今果てしなくうろおぼえで検索してみたけど、原典の断片もでてこねー…。こどもたちをつくってるのはなんでしょう?パンです、バターです。みたいな詩。まあ、それをどうねじ曲げたのかまでは憶えてないんだけど、どえらくどうしようもない話にしてた気はします。多分家庭科の授業がいかに大事であるかを混ぜてねじこんで歪ませて私の怒りをかったのだろう。(追記:怒りのポイントはむしろここではなく、原典紹介だけしておけばいいものを、原典にも当たらずうろおぼえで紹介した上要約がクソ間違えており「うろおぼえですが」的フォローもなかった、ということだった。教壇に立つ人間の態度じゃないだろう。どうせ聴いてないとでも思ってたのかしらんが、おばちゃん同士の茶飲み話じゃないんだからさ。茶のみ話でもあまりにも酷かったが
 ここでもやっぱり、ねじ曲げたと感じた内容は憶えてないんだよねえw 嫌いになった根本の原因なのに。覚えてれば、今となってはまともに分析もできそうなのに。なにぶん、問題ポイントを細かく憶えてないので、ほぼ全部憶測なのよね。

 で、あと、当時の私にとてつもなく衝撃を与えた人間。悪い方に。今となっては嫌いではないしきっと会えば普通に話もできるんだけど(負の感情が継続する情熱などはない)、毎日顔を合わさなければならない状態の時はとても悪いものがたまっていました。そのうちふっきれたけども。
 なにが衝撃だったかというと、私がいろいろ消化して考えた結論を、それだけ取られるということを初めてされたのですよ。なーんの悪意もなく。彼女が何かの話題を出して(当然のごとく話題は忘れたけど)、「これはいやだよねーだめだよねー」という話をしていたので、私が「んーでもそれってああいう風に思うよ」と話したところ、「あーそうねー○○(私)さんはそう思うのか」と彼女は受け、まあそういう感じでさらりと終わったのですね。賛同を得られた気も、彼女が考えを変えた気もしなかったので、他の誰かを交えた同じ話題の時に、彼女が当然のように私の考えを口にした時にはたいそう驚いたのですよ。それはそれは、うん。初めてでしたね。「自分の考えを盗まれた」と感じたのは。
 今となっては、怒るほど、家に帰って呆然としたあと悔し泣きするほどのことだったのかなあ、とは思うのだけど。ただ、当時の私は「本を読むことしかできない出来損ないがせめて内容を消化するために、人の心の動きや現象について徹底的に考える」という状態だったので、自分の考え一つ一つはつぎはぎでも、それを選んだ自分、私に選ばせた作家になけなしだけどとんでもなく高いプライドがあったわけで、それがたいそう傷つけられた、んだろうなあ。まるでなかったことにされた!みたいに。ちゃんとは憶えてないけど。…怒りが大きすぎたのと、私自身が未熟だったのでちゃんと分析できてないまま忘却の彼方なのだわな。
 お陰様で、「善人というのは時にそれだけで罪悪だ」みたいな感覚は強くなりましたが。この場合の善人って「自分を善良と思ってる人」のことね。

 で、これだけマイナスの思い出をだらだら書いてなにがいいたかったの?といえば、「あれだけ強い嫌悪感でも忘れられるんだなあ」ということ。ま、これだけ時間が経てば当たり前だろうとは思うのだけど、当時の私は自分の嫌悪感に自家中毒起こしてたから(今でも同レベルの嫌悪感感じたら起こすだろうけど)、そんな自分にいってやりたいのですな。まーいったところで、素直に「そですか、時が経つのを待ちます」「安心しました」とかいえる人間ではなかったが。そんな思い出話でした。嫌いだったこと自体を忘れないうちに書いておきたくなった。

 あとついでに、「自分」も大嫌いでしたが、これはまあ、完璧に自己愛に裏打ちされたものなので、除外しといた。この辺がいかに緩和されたかとかも、随分気にかけてもらってたようなので書きたいけど、多分頭がまわらないうちに書いてしまうと違うものになってしまうので、ずっと先にでも機会があれば。

コメント

うーん、誰だか全部わかるわ…
ただ、はやみんがそういう理由で嫌いだったとは知らなかった。
なるほど。
現国の教師は、そういえばそうだった。確かにそういうところあったかも。
ほらほら、こっち見て! 
点取りたいならこっちだよ!
のような感じ?
ただ私は当時、その授業スタイルが私にも向けられているとは微塵も思っていなかったから気にならなかったのか。(←不遜…)

人の考え方のパクり、って、やられたことがないとわからんものだけど、
その人とは私にとっては決定的な別の理由で、
大学卒業してからだけど付き合いやめちゃったよ。
意識して付き合いをやめたというのは初めてだった。

出産した翌日、両家が駆けつけてワイワイと“二人目の予定”について何度も聞いてきて、疲れ切っていた私はそれはもう心の中は煮えくりかえってました。
(…あんな痛くてキツイ思いは二度とごめんじゃああああ!!すぐ忘れるとかふざけんなああああ!!と思っていた。)

でも実際にはたった10ヶ月しか経ってないのに、ほんとに出産時の痛みをリアルに思い出せない自分がいてびびりますw
「人は忘却の生き物で、それは前に進むための機能だ」と昔誰かに教わったんですが、いやはやまったく…!

…というようなことを日記読みながら思いましたw
主旨がズレてるかもしれませんが(´▽`;)

>noirちゃん
私もそういう風にしゃらっと流せればもっと穏やかだったんだろうねえ。
なにせオレサマだし、世界は私のためにあるから、世界で起こることがいちいち私に突き刺さる!って状態だったもんで。
今もTVにすぐイライラしちゃうし。お陰で全然見なくなっちゃった。

だいぶ前にうちに来てくれた時に、ちらっとそんな話をしてたなあ…と思い出したよ。私も当時あまり電源に余裕がなかったので、具体的には話聴いてないままだったけども。もし良ければ何があったのか教えてください。好奇心というのがかなりあるのは否めないからアレだけど…。
noirちゃんが付き合いやめる決意するとか、どんな地雷踏んだんだか…おっそろしー。とは思うのだけど、何気なくポケットに手榴弾が入ってるような人だったのでなにやってても驚かないかもしれない。

>たきがわさん
私は忘却能力がかなり優秀な方なのですが、つまりそれは超前向き!ってことか!
…すみませんいい方に解釈しすぎた。どっちかというと基本後ろ向きで体ひねって前見て後ろ歩き(一応前進)してるようなタイプです。
でもほんと、忘れないとどうにもならないですもんね。過去辛かったこととか、全部痛みとか衝撃とかそのまま現在に持ってきたら、しんどくて動けない。

ちなみに、出産の痛み自体はそんなにリアルではないんだけど、痛いときの自分の状態は憶えてるので、まだまだ難しいかなあ…。まあ、憶えてられるほどの痛みだったという解釈もアリか。
それにしてもふたりめの話題てw そりゃ神経ぴりぴりしますねえ。今終わったばっかじゃー!せっかく終わったのにまた苦しい思いする話とかすんじゃねえええ!となりそう。
私は産後結構ハイ状態だったみたいなんだけど、どんな話してたかとか、ほとんど覚えてないです!多分頭まったく働かさないで喋ってたんだろうなー。

いまさらなレスですんまそん。
ドラゴンね!懐かしいな!!
めっちゃ嫌ってたよね~笑

>「こう教えたからこう書いて欲しかった」
のくだりは私もめっさ覚えてるよ!
素子さんのアレだね!!
「しゃれた書き方する人だな~って思ったんですよね」
ともその時同時に言ってたよね!
だったらいいじゃん、ていうかより国語力あるんじゃん!
てか全然主旨と違う部分についてなんだから
減点する所じゃなくね?
てかはやみが書いた漢字の方が、元々のより
数倍難しい漢字だろ~~~~~~?
この漢字書ける人が、文章中の漢字書けるの当たり前だろー?
書けるけどあえて書いてない事くらい分かるだろーーー?
ってすげーーーー思ったから。よく覚えてる。
あれはね。私も「はい?」って思ったよ。
なんくせ、いちゃもんの領域に聞こえた。

かく言う私は、社会の某カリスマのテストで
ゴンベンを行書体で書いたらテヘンに見間違われ×にされ、これゴンベンの行書体です、って言いに言ったら
「次から気をつけような」
ってあの例の熱い目で言われ、勿論点数は変わらなかった悔しい記憶がありまふ。
だから、みんなが彼を好きだろうと私はあのヒトがあまり好きでは無かったYO。

人の好き嫌いって案外そんなもんだから。
日常でも言葉には気をつけないといかんね。
私はあまり深く物事を考える性質では無いので、知らず知らずはやみを「むぅ」って思わせる発言してたら超メンゴな。ほんと、悪意はこれっぽっちも無いんだけど、そんなの言われた方には関係ないもんな。
だからちょっと「むぅ」って思ったらその場で「ちょっとシズ今のムカつく!」って言っておくんなましよ。
あーたにそう言われても当方全然ムカつきませんので。笑。言語を細かく分析する能力ゼロなんで。
多分、むしろすげー感心すると思うんだ。さすがはやみ!そう言う思考があったか!って。
よろぴくな。

うわすごい時間経ってる。気づかなかった失礼。
その通り、ドラゴンです。嫌いだったねーほんとw
実は何度かそういう「こう書いて欲しかった」ことがあったのは覚えてるんだけど、具体例は忘れてたよ、お陰で思い出した!そういやそんなこともあった。まあただ、それは私しばらくしてから「学校の試験で使うには曖昧すぎる領域の漢字か」と納得してた気もする。
つかすげえ!よく覚えてるねー!!なんかありがとう…!

確かにあのカリスマはそういう人だったねー…。楷書じゃないとなにがなんでもアウトっつー。
今更だけど、言偏の書き方はシズのが格好良くて真似して移っちゃった感ばりばりです。自分の字下手なのは変わらないけどw 私シズの字大好き。お借りしてるFAX読んではにやにやしてる。

むー、となったら我慢できずにいうだろうから大丈夫よw (まあ、本文の例の時は本人にいえてないけど。あまりに衝撃すぎて機を逃した)
シズはかなりちゃんといろいろ感じて考えてると思う。いい面と悪い面を把握してる上でいい面を表に出したがるポジティブさは、ほんと見習うとこだーと日記読むたび思う。
というか、私の方が酷いこといってそうだよ!昔より緩和してるとはいえ自己完結型だから、自分の思想だけですっ飛んでっちゃうので。「いやそれはいいすぎ行き過ぎ」みたいなことがあったら是非指摘してください…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hayamisay.blog62.fc2.com/tb.php/178-10ce159a

Twitter「つぶやく」ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。