スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母業も1年 

 ド素人もいいところの存在が、いちばんか弱い存在を生き延びさせていかなくちゃいけないとか、それが生物の宿命なのだとはいってもいやはや。まあでもお陰様でなんとかなっているようです。

 娘はどんどん成長してるけど、私はちゃんと成長できてるのかなあ。そういうことを意識できないまま、怒濤のように1年過ぎ去ってしまった。娘が成長して自発的な反応を示すにつれ、弱ってるときは「致命的なミスをしてるんじゃないだろうか。何かの芽を根こそぎもぐようなことを犯してはいないか」という意識に襲われることもある。
 …twitterでちょろっとボロったことも。そのときはありがたかったけど、今更ながらみんな似たようなことを多かれ少なかれ考えつつ不安と戦って育児してるだろうに、不安菌ばらまいてどーするよって感じだ。なので、もう今後は絶対あんなこといわない。ここには書くかも。書かないかも。微妙だけど。twitterで無意識に人の強さに頼ってた気配がする。あのツールは便利で楽しいけど、こういう意識も浮き彫りにされてしまうw

 人間はそんなに弱い存在ではないだろうから、成長してから必要になる精神の強靱さだけはどうにか育てていけたらなーと思う。まあただ、私はかなり強い方だと思うけど、これが育ったのは親のお陰か?と自問すると、そーでもないんだけどねw

 育てたように子は育つ とはいうけれど、 親がなくても子は育つ ともいう。
 家庭だけで育て上げるわけではない。社会に育てさせてもらってる。気負わずにいきますか。

コメント

常時不安を誘っている人のツイートはたしかに見たくないんですが、たまにぽろりと出る愚痴や不安のつぶやきは、私にとっては安心材料かもしれません。
「悩みや不安があるのは私だけじゃなくて、みんな似たようなもんなんだなー」みたいな現実が見えると気が軽くなりますw とくに自分が困ってるときほど周りがものすごく立派に見えてくるので、そういうときに失敗談とか悩みとかを共有できるとそれが活力に変わるんですよね!
強さを生み出すためには、きっとそこに弱さがないとだめなんだと。常に強い人は強がりなのか優しさを知らないのか、どっちなのか私は悩みますw

…なので、あんまり気にせず自由にポストしていいと思いますよ!きっとそれがtwitterの利点だっ

その節はお世話になりました;
確かに見えることで安心するっていうのはありますね。みんなこんなちゃんとやれてるのに自分は…とかなっちゃうこともありますし。てか多いし。
ただ、私は言葉にするとそれに引きずられるっていう素質が確実にあるものでw すっきりもするんですけどね!堂々巡りをしないために書いてみたものの、と思ってしまったのでした。
まあだいたいは、あんまり気にしないで、だらだらといきます!

強さは、どうなんでしょう。確かに私は、かなり子どもの頃は弱い子でした。打たれ弱くて大変でした。その反動で強くなった。子どもの頃に戻りたいって話にはまったく同調できないし、戻りたくないです。でもちびがそんな風に育つのはやだな、子ども時代に戻りたいと思えるような時代であってほしい、と思ってしまうんですよね。この辺は育ち方より特性もありそうな気もするけど…。

わ、わわーー。私も子ども時代には絶対に戻りたくない人です!つらいことやきつい経験はすべて子ども時代に凝縮されてたんでは…と思うほど暗い記憶なので、常に今がいちばんしあわせだと更新しながら生きてる感じですw
元々体が弱かったことと子ども時代の精神的ダメージとの反動で私も強くなっていったなあ。なので娘には…と同じく願ってしまうんですが、でも悪いことも含め経験が生み出す新たなパワーみたいなものに何か期待してる自分もいたりして複雑です…。

おお同士!w
とはいっても、私は辛い経験があったというより、ただひたすら打たれ弱かったんですけどもねー。良くも悪くも感じやすいというか。
反動をバネにすることも期待はしてる…というか、そういう風に育って欲しいと思うです。私のように取得するのに必須だったというよりも、任意選択で選んで欲しい強さかな。
親心は複雑ですのう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hayamisay.blog62.fc2.com/tb.php/183-b5da3bf2

Twitter「つぶやく」ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。