スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検査そのに。施術日決定。 

 本命のところの検査に行ってきました。施術受けたら名前出します。今出してもいいんだけどなんとなく。まあちょっとレーシックに興味持って調べた人ならすぐわかるだろう。

 待合室も広くはなく、検査室も小さく、前回受けたところとはいろいろな印象が全然違う。移転したばかりとはいえ、あんなに名をとどろかせてるところが、こんなにこぢんまりした印象とは思わなかった。
 検査もかなりゆるい感じで進み、「だ、大丈夫ですかね?」と気になったりもした。(どうも、私を受け持った方が新人さんで、そのせいもあった模様)

 その後、実際の施術DVDとか見せられる。……………こわいよー!!!!!やめてー!!!しかもここの施術じゃなくて、「こういうのは問題アリな方法です。うちはこうやるから安心よ!」みたいなのなんて!怖いってば怖いってば!!と思いつつ、興味もあったし大事なことだと思うのでちゃんと見た。ひー眼固定してる!外も眼球も痛そうなんだけど大丈夫ですか!角膜ほんとに削ってる!フラップめくるとなんか曇りガラスみたいになってる!レーザー当たってる!洗ってる!!フラップ戻してなでなでしてる!!全部眼の上で行われてる!!……いや、そういうことやるって聴いてはいたけど…。当たり前なんだけどさ…。きっとこのDVDが販促なんだわ、とか思いつつ。他でこういうDVD見せてるところはあるんだろうか?
 わかってる、こういうのは、自分がやられるより見てる方がどっちかというと怖いんだ…。見えるし。

 その後、診察とお話と相談。今回は、前回「拷問だー!」と思った、目に光をぐりぐりされるのも、たいしたことがなかった。全然耐えられた。でも、いろんなお話は前回以上に詳しく聞かせてもらえた。さっすが、定評あるだけある…。
 そこで判明したのは、私の白内障のケは、際にうっすらとある程度らしい。「だからまあ視力にも関係ないし、全然問題無いんです。進行しちゃうと白内障の手術も必要になってきますが、レーシック受けたからと行ってそちらに弊害が出るわけでもないです。今はもう、レーシック後の白内障手術に必要なデータもそれなりの量ありますからね」とのことで、一安心。
 ハロ・グレア現象が出る原因について。ネットで調べたり、前回聴いた話だと、「フラップで屈折率が云々」ということをいわれてたんだけど、フラップのことにはまったく触れず(私がちょっと調べた、といったせいかもしれない)。「メインのレーザー照射のときに、全体的になだらかなカーブをつくるために、どうしても端の方の照射が甘くなるんです。そうすると、そこの反射だけちょっと屈折率が変わってしまう。昼間はまったく問題無い部分ですが、暗くなって瞳孔が開くと、甘くなった部分からの反射が目に入るようになってしまう。そのせいで起こるんです」と、こんな感じのお話だった。「だいたい慣れるし、歳を追うに連れ人の瞳孔は小さくなっていきますから、問題無くなってくんですが…まあ、気にしてしまう方は大変気にします」なるほど。ちなみに私の暗所瞳孔径は「6.0」とのこと。平均よりちょっと小さめだった、けど、なにせ検査がゆるかったのでこの数字を鵜呑みにもできないんだけどw
 あと、私はハードコンタクトを作るとき、いつも「眼球のカーブが大きい」とのことで即日受け渡しはされなかったのだけど、その辺もちょっと触れてました。「手術の時にこんなのを眼球にはめるんですけど、それがちょっとはめにくいかなー。って感じですね。でもまあ、別にできます」と、なんかへらべったい、丸がついてる定規みたいのを出して説明頂きました。ちょっとぎょっとした。

「正直ね、神経質な方というのか、完璧を求めてしまう方には向いてない手術ですw」と、脅すわけではないんでしょうが、期待だらけの方には思いっきり冷水浴びた感じの言葉も。ここも、前回と全然違うところ。前回の所も、「そんなにすっごく勧めてくるわけじゃないんだなー」と思ったけど。むしろやめたら?くらいいっちゃうところかもしれない。何か足りないと思ったら、つまりこれなんだなー。「インフォームドコンセント」。
 この眼科が定評あるのは、こういうお話で患者をふるいにかけて(というと言い方は悪いけど)、それでもやる!って方ばっかりだからというのもあるかも知れないな。あと、ややお高いのもあるし、院長さんがとても評価の高い人なので、「ここまでやった」という充足感を得られる。……私はこれもすっごく大事だと思うんだけど。後悔しかねないようなところ、「あのとき、あっちでやったら違う結果になったかな」なんて思いたくないし。

 でまあ、あれこれ相談して、追加で、なんだっけか眼の状態を調べてどっちのコースがいいか確認してもらって、それに則ってレーシックのコースを決めて帰宅。
 その後旦那と相談して、5/22に施術日が決まりました。相当運が良く、転院キャンペーン中で、普段は10万かかる院長の指名料がタダです。院長の執刀です。どっきどきー。

 さらにどっきどきなのは、その後1週間、娘に夜中泣かれないかってことー。プラスチックの眼帯つけて寝なくちゃいけないらしいので!

コメント

めんたま表面でイタいことする話なら任せろ!

やめてー!

って、これから必要に迫られない角膜の整形やろうって人間がいう台詞じゃねーなw

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hayamisay.blog62.fc2.com/tb.php/189-605cfa10

Twitter「つぶやく」ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。