スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーシック受けてきたよ 

 錦糸眼科東京中目黒院でレーシックを受けてきました。
 
 コースはiレーシックと同等とされるもので、イントラAsphericレーシックという奴。
 簡単な感想としては、

「『思ってたより怖くない』って体験談ばっかりだったから、そんなもんかと思ってたら思ってたより怖かった」

 予想通り、術後の痛みはすぐにひいた。さすが安物ハードコンタクトにも2日で慣れた強い子な私の目。

 施術日当日は、久しぶりに朝マックでも~と、ちびは旦那に託して早めに出発。
 最寄り駅近くのマックにて久しぶりのホットケーキセットを席に運ぼうとしたところ、アイスコーヒーをぶちまけた。新しいコーヒーを持ってきてくれた店員さんにぺこぺこ。ただでさえ人手が足りてなさそうなのに掃除してくれた店員さんにぺこぺこ。食べてる間、フォークを落とす。さすがにこれ以上手を煩わすのもアレなので、ティッシュでフォークを拭いて食べきった。
 緊張してたんだなあ…。

 以下、体験談など。痛そうなのがダメとかそういう感じの人はご容赦ください。好奇心に負けた方、ウェルカム。まあそこまでひどくない記述のはず。

 施術日はノーメイクでなくてはいけない。元々そんなメイクする人間ではないけど、あの辺(中目黒)行くときは相当気が引ける。その状態で日比谷線に乗るという偉業を果たし、錦糸眼科中目黒院に。日比谷線怖いアル。品良くきらびやかなお方がぎょうさんアル。

10:00 術前検査
 受付で、診察券と同意書を出して、施術後キット(目薬とか保護グラサンとか入った奴)を貰って待機。
 ほどなく簡単に検査。検査結果が以前のものと大差ないかを確認するらしい。
 で、その後に院長先生による診察とか最終確認とか。問題無し。ここで私は気になってたことを質問。検査の時にもらってた資料の中に、「白内障の方は再手術できません」というものがあったので、私はできないってことになるのかなーと確認したかったのだ。質問すると、「そもそも白内障の方はレーシックできませんよ」と院長先生きょとん。私もきょとん。前回の検査で白内障がちょっと出てるといわれてー、と説明。もう一回めんたま診察。結局、「白内障は5年10年もっとのという時間を経て進行する。現状では問題無しと考える」とのこと。ある程度進行したらできなくなるってことですね。了解。
 関係ないけど院長先生若ぇ。サイトの顔写真を見たときに「50代に見えないなー」とは思ったけど、実物もやっぱり若ぇ。30代でも通用する。なにこの肌のハリ…。

 診察などが終わったら、支払いのお話などしながら手術着を着せてもらって耳まで帽子を被って、胸に施術方式を簡略にした文字と名前が書かれたシールを貼られる。ちなみに私の支払いは振り込みでした。実は旧姓の名義で振り込みしちゃったので(今の名字も入れておいたけど)、多分ちょっと確認に手間取っただろうな。でも確認取れたら取れたよって教えてくれたほうが安心しますよ…。帰るときに領収書頂くまではらはらしちゃったよ。それは置いといて、手術着を着たら待機。耳出しちゃいけないだろうし、持参したウォークマンも聴けず、ヒマでした。
 待合室、皆手術着着ている状態。はたから見たら怖そう。

11:20頃 フラップ作成
 名前を呼ばれて、土足禁止の小部屋にて待機。点眼をしてもらう。多分麻酔。
 いよいよ私の番になって、手術室に入る。ベッドが二つあって、誘導されるがままそのうちのひとつに横になる。頭を抑えられて、角度を調節して、目を固定。…痛い。緊張して体に力が入った。さらに、眼球固定。痛い痛い痛い!!痛いっていうかすげえ圧迫されてる!眼球破裂する!これがあれか、前の検査の時にいわれてた「こんなのをはめるんですが、あなたの眼はちょっとはめにくいかなー」といわれてたアレか!と納得はしてるんだけど。今までに体験したことのない感覚なのもあり、本気でビビる。
 あなたの眼はカーブがきついので、かなり吸引して固定しないといけないのねー。(あ、これは圧迫じゃなくて吸引なんだ。と一部冷静だった頭で考えてた) 眼球が飛び出してる感じ。きついだろうけど、逃げちゃだめですよー。2、3度も逃げたらもう、白目真っ赤っかになっちゃうからね!
 院長先生にいわれ、真っ赤はイヤだったので、逃げないように(腰がひけないように努力する感じ?)頑張った。逃げても無駄だし、何度もやりたくないし…。ハードコンタクトを作るとき、必ず「カーブがきついから取り寄せになる」という状況だった方は仲間。多分同じタイプのレーシック(というか同じフラップの作り方)であれば、同じメに遭うと思われます。
 ふ、と圧迫感が安定した?と思ったら「それじゃレーザーでフラップ作ります」とレーザー開始。何も見えないので、もう片方の眼で、いかにも手術室!みたいな銀ライトをぼんやりと眺めてた。
 数十秒で終わり、もう片側も同じことやって、完了。とんでもなく体がこわばってるのは自覚してたんだけど、どうにもなりませんでした。リラックスして~、といわれても無理w

 視界は、霧の中にいるみたいな感じで、全体的に白かった。この白いのは、フラップを作るとき、角膜の間を蒸発させて剥離させるので、そのために起きる、らしい。痛みは麻酔が効いてたのもあるのか、殆ど無し。ただ、鈍い眼の重さという違和感はある。そのままふらふらと待合室のソファに着席して待機。
 メインのレーザー照射までに、何度か点眼してもらう。この待ち時間が長かったー。眠いわ、でも寝ないでまばたきできるだけしてろっていわれるし、痛みはそんなにないけど違和感はやっぱりすごいし、本とかで時間潰すわけにもいかないし、まだ手術着着たままだからウォークマンも使えないし。このまま帰りたくなったけど、途中過ぎるよなー。短気な人とか実行する人出そうだけどなー。いわば眼を人質に取られてる状態だなー。などぼんやり考えていた。
 キャンペーンで皆院長執刀だった&通常以上に受ける方が多かったのが原因なんだろうけども。

12:40頃 角膜レーザー照射
 再度、名前を呼ばれて、先ほどと同じパターンで小部屋で待機。
「施術中、横から緑の光とか入ってくると思うんですけど、そっちは見ないでくださいね。上に赤いランプが点滅するので、それだけひたすら見ててください」と指導される。はーい。
 手術室に入って、先ほどとは別のベッドの方に誘導される。ほうほうこちらはベッドが回転するのか。で、患者を固定したところで機械の下に動かしてくわけねーなるほど。とか考える余裕もここまで。
 寝っころがって、頭の位置やら角度やらを調節して固定。眼の端をなにか器具で広げて固定される。…痛い。これやっぱ結構痛い。いやまあ眼球吸引する奴よりは全然耐えられるけど。「上の赤い点滅ランプをずーっと見ててくださいね~」といわれる。ああはいあれですね。了解です。頑張ります。
 何か水っぽいものでじゃばじゃば洗われながらフラップをめくられる。これが怖かった。今回の心理的恐怖ナンバーワンだった。そこまで先端恐怖症のつもりはないんだけど、フラップをめくる器具も、まさにめくってる視界の変化も、なにげにちくちくした感覚がわかる(多分麻酔が切れかけてた)のも相当怖くて、自分でも笑っちゃうほどガッチガチになった。多分、表情も相当こわばってたw フラップをめくられると、視界が一気に磨りガラス状態になる。困ったことに、先ほどの小さい赤い点滅ランプが、やたら大きな赤い風船っぽいものにしか見えない。どこか中心かわからんー!いやここまで変化するとは…。水が入ると屈折の関係で見えやすくなるのか?たまにちらりと赤いランプが見えるので、必死でそれを頼りにそれっぽいところを見続けてた。私がテンパってるうちに照射開始したらしく、あまり覚えてない。
 一度「赤いランプ見てー^^;」と照射を止められた。「だってわかんないんだもん!これだけ多くの患者さん扱ってるんだから、わかんないのもわかるでしょー!」と思いつつも、そんなことをいう余裕はなく、視線が動かないように努力。
 照射終了し、じゃばじゃばと洗われながらフラップを戻される。小さいハケみたいなもので、眼の表面を丁寧に撫で撫でされてるのがわかる。「ここがいちばん怖かった」という体験談を結構読んだんだけど、私には全然怖くないポイントだった。すっごくほっとした。終わりなのね終わったのね、存分に撫で撫でしてやってくださいませ!頑張ったでしょ私の眼!って感じだった。
 もう片方も同じことやって、完了。

 さきほどの小部屋に戻って、手術着を脱がせてもらい、名前シールを手術着から私の普段着に貼り替え。
 「薄目で移動してくださいね。椅子に座ったら、眼閉じててください」といわれ、忠実に薄目でフラフラ着席。
 痛みは、眼を閉じてれば特になし。開けてると、コンタクトを入れたままで徹夜してしまった朝みたいな感じ。とっても眼が重いというか鈍い痛みというか、眼を必死に開けることでとんでもない睡魔と戦ってる、そんな感じ。視界は、ちょっと白っぽい。良くなっているのはわかる。輪郭がぼんやりしてない。ただ、まだピント合わせるのに慣れてないとかいろいろあるのか、輪郭がガタガタというか数重にも見えるというか。
 今度はもウォークマンも使えるし眼はつぶってていいし、色々聴きながらぼんやり。TheBOOMの"CHICKEN CHILD"その他とメトロファルスの"ままよ、さばさーれ"の良さを再確認し続けた(←ヘビロテだったらしい)。途中、何度か点眼してもらった。
 30分後くらいに、一度院長の診察。問題無しとのことだけど、まだ帰っちゃいけないらしい。引き続きぼんやり。クーラーがかなり効いてて寒かった。

13:40頃 ご飯休憩
 何か周囲がさわさわしだしたなーと思ったら、施術後キットの説明と、ご飯休憩のご案内。15時まで自由時間のようです。外では保護眼鏡をかけてね!とのこと。
 眼はかなりひどく重い状態だし、良くなった眼を駆使してメシ屋探すぜ!という気分にもなれず、来るときに見かけたセブンイレブンでおにぎりとか買って、ベンチでもぐもぐ。ちょっと寂しい感じ。眼は睡魔にやられてるみたいなんだけど、ほんとは眠気自体はないんだよなー。朝あんなに暑かったのに、曇ってるのか。あったかくて丁度いいなー。なんか曇ってるのにまぶしいなー。あ、あの人眼科の方だお仕事お疲れ様です。お風呂入れないってことだしUVケアできないし、夏場にレーシックするのは結構チャレンジかもな…。とかぼんやり。
 屋内で座ってきちんとぼーっとできるようなところは無いかなーと付近を探索してみるも、それっぽい場所は先客で埋まってた。仕方がないので、重い眼のまま、周囲のお店などを見て回った。可愛い和モノ(紙系)を売ってるお店があった。あそこ近所に欲しい。そのときに、眼科と同じビルにご飯屋さんがちゃんと入ってることに気づき、自分のダメージの受けっぷりを実感して、少々へこむ。

 いい加減うろつくのもだるくなったので、まだ早いけど眼科の前で待機しよう。と戻ったところ、同じパターンの方が数人おられた。お隣に立ってた方と「ネットの体験談読んでてナメてました!思ったより全然こえー」というので意見が一致し、盛り上がった。
 そして、話をしている間に、驚いたことにみるみる眼の重さが消えていった。通常の、ソフトコンタクトをしてる感じまで違和感が消えた。ひくときは一気にひくのね…。

15:00 眼科開く。当日最終検診
 これから今日最後?の診察らしい。先ほど盛り上がった方といろいろ話してたので、時間経過は殆ど感じなかった。待機時間にこれだけ喋れるのがわかっていたら…!みんなソファに点在してたもんなー。
 私が先に呼ばれ、朝やったのと同じ検査と、視力検査。視力検査は両目で0.8。まだ安定してないですから、とのことで、大雑把なり。
 院長先生の診察。さらりと、問題ないですね~、お疲れ様でした!で終了。
 受付で領収証を頂き、1週間後検診の予約をとる。ついでに思い出したので、頭マッサージっていつからなら大丈夫ですかねえ?と聴いてみた。一ヶ月後検診終わってからのがいいそうです。そかー。

15:30頃 帰路につく
 先ほど話してた方にご挨拶してから帰ろうかなーと思ったけど、時間も読めないしまあいっか、と保護眼鏡をかけて駅に向かう。
 乗換駅でアイスを売ってたので、旦那へのお土産にした。そして間違えて快速に乗り、最寄り駅を通過された。ドライアイスのお陰か、アイスはひどいことにはなりませんでした…。

 帰宅して、眼をよく確認してみたけど、フラップの境目はまったく見えなかった。白目に直径5mmくらいの赤い内出血が点々と。う…頑張ったな、私の眼。

 ちなみに、今のところ、近くは、コンタクトで眼が疲れたときにピントが合いにくくなった状態みたいな見え方。遠視用眼鏡をもらったんだけど、かけても微妙に中途半端で疲れる。そもそも遠視用眼鏡という奴に慣れてないせいかも。
 ハロ・グレアは、まだちょっと実感はない。でも、確認しようとベランダに出たとき、遠くの街灯の細部が見えて、感動した。ああここまで見えるんだー、と。

 ドライアイっぽい感じなので、つい「あ、コンタクト外した方がいいな」と思ってしまうんだけど、「いやいやいやいや何も入ってないんだってば」と自分で突っ込みを入れる。そして目薬点眼。当日は、ずっとそれの繰り返しでした。

コメント

緊張体験ゾクゾク!!伝わってきましたぁぁ。無事に終わって良かったです。出産を体験した女性でもここまで緊張するんだから 男性なんかもっと怖がるかもしれませんね。

冒頭の警告ですごくドキドキしながら先読んだけど、案外たいしたことなかった。

やっぱり自分の白内障手術の経験がモノを言っているのか?w

>あきこさん
ろくに推敲もできてない状態です、お目汚し失礼しましたw
単純に「私の肝が据わってないだけ」って気もします…。あと、出産はじわじわきますが、これはドカーンときてドカーンと終わるのでそういう差もw

>×ねさん
前にyoutubeで白内障手術の映像見たけど、あれに比べりゃレーシック手術なんて可愛いもんだと思ったよ…。なんだかんだいって機械頼みだし。
白内障手術は怖い。ただただ、怖い。もじょもじょごそごそ眼の上でされるなんて…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hayamisay.blog62.fc2.com/tb.php/192-198c29fb

Twitter「つぶやく」ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。