スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初ヘルパンギーナ 

 ちびがヘルパンギーナに罹りまして。
 何度も罹る可能性のある流行病なので、備忘録として経過をまとめておこうかなと。

ヘルパンギーナ

喉の奥(喉ちんこの周囲)・口内に水泡が出来るウィルス性の病気。
初日から2,3日高熱が出る。その後熱は下がる。
水疱が潰れ潰瘍になると痛みを伴うので、飲食物の嚥下が難しくなる。
痛みのあまり水分が取れない状態が続くと、点滴の必要が出てくる。
大人が罹ることは稀。

--完治したらまた更新予定。

異変に気づいた日(8/11)
夕食時、前半はふつうに食べていたが、後半、ごはんを口に入れては出してしまう。
以前にも同じことをやられたことがあって、そのときは食後のデザートとしてのパンを早く欲しいばっかりにお皿の中のモノをなくそう的な算段だったと思われる。で、それと同じと思って(「パンたべるー」といわれたりもした)特に異変に気づかず、少し叱って改善しなかったので、ごはん強制終了。
ただ、普段ならごはん強制終了後10分は続くであろう「ごはんたべる」大泣きが殆ど無かった。
その後、口内の荒れに気づいて、口内炎出来ていたのかな?とも。

寝かしつけするかーという頃、発熱に気づく。38度3分。
発熱+口内のぽっちん…ということで、一応の知識はあったし、twitterのTLでも罹患したお子さんが多いのは気づいてたので、ヘルパンギーナか手足口病の可能性に気づく。特に手足にぽっちんはなし。
水分をあまりとりたがらない。大好きなアクアライトも拒否。ストローの問題かと飲み方を変えさせてみるも効果なし。
夕食時叱ったことを平謝りした。

夜は、たまに泣きながら起きるくらいで、すぐ寝直せていた。

2日目(8/12)
かかりつけの小児科医院がお盆休みだったので、付近の小児科に片っ端から電話をかけて開いてるところを探した。電話予約できるところが開いてたので助かった。……もうこっちに移ろうかな……。電話予約あるの助かるよね…。「初診ですね。すぐに診れますが、来られますか?」といっていただき、ダッシュで向かう。「受診したとき甚平着てたんだけど、受診のときにすごく楽だった」という話を思い出してたので、娘甚平姿。確かに楽だったw
受診、聴診器のあと娘の喉の奥を診た瞬間、「あーこれは痛いね…お母さんも見ておいて」とお医者さんが喉の奥を見せてくれる。喉ちんこの周囲に白いぽっちんぷっくりがいっぱいいっぱいで見るからに痛そう。ネットで画像検索したのとほぼ同じ、典型的。「ヘルパンギーナですね。今流行ってんだ…」
ウィルス性で、特に効く薬というのはなく、現在は自然治癒に任すしかない。炎症止めと解熱剤を出します。できるだけ水分取って欲しいけど、喉の痛みで取れなくなる子も多い。続く場合には、脱水症状が心配だから病院に点滴しに行って。(ただしこの医院は13日から盆休みだった…)

娘はいいこで受診してくれたが、待合室・薬局で、その場にあったおもちゃで遊ぶため帰宅を嫌がりイヤイヤ炸裂。感染症なのであれこれ気にするし、マスク外しちゃうし、少し手を焼いた。同じく受診にきていた同年代くらいの男の子が、イヤイヤ娘を興味津々で覗きに来てたのがちょっと面白かった。お騒がせしました。

帰宅後、コーンスープ飲めず。食欲はあるので柔らかいパンをあげてみるけど食べられない。パンにコーンスープを浸しても食べられなかった。パンにバニラヨーグルトを塗ったものは、多少食べれてた。食べては出してしまう娘を見て、「しんどいね、大変ね、食べたいのにね」というと、「だいじょぶよ、だいじょぶよ」と返された。病床の娘に気遣われて、気強くあらねばと反省。
バニラヨーグルトはがつがつ食べれていた。飲むヨーグルトもOK。薬拒否で難儀したので、こっそりヨーグルトに混ぜる。

熱は下がったり上がったり。基本38度くらい。
寝てはくれないし気を紛らわせるモノがないと暴れるので、youtube見せてたんだが、ホクトのキノコCMとドコノコノキノコを超気に入ってエンドレス状態だった。
夜、口内と喉の痛みに何度も起きてかなり泣いていた。すぐ横にいるのに、わんわん泣きながら抱きついてくる娘を抱っこしながら私もやや泣き(←気強さどこいった)。いやもうこういうの弱くて…。小さい体でどれほどの痛みと戦ってるのかと…。ここまで継続する激しい痛み、娘は初体験のはず。
「ドコノコノキノコ」(?)の歌をエンドレスで歌わされる。泣きながら娘も歌ってた。

3日目(8/13)
朝、明るいところで見てみたら、舌の先と下唇の裏にぽっちん(と潰れたあと)があるのがわかった。歯が当たったり、ちょっとしたことで刺激されるようで、泣きまくり。この日は、新生児時でもこうは泣かなかった、ってくらいに泣いてた。
前日好評だったどこのこのきのこの歌も効果なし。というか「やめでぇぇぇぇ」と泣き叫ばれる。痛みに耐えかねて私をべしべし叩く八つ当たりも頻回。
服の着脱時、被る形のTシャツだったりすると口に当たる恐怖があるのか(当たらないようには着せてたけど)、服を着るのを拒否。前あきのワンピースやシャツなら着てくれた。

熱はやっぱり上がったり下がったり。
嚥下もできず、唇が痛むため口も閉じることもままならず、よだれ大量。その状態で暴れ回るわけで、拭き掃除が追いつかず私もぐったり。暴れる元気は残ってることだよなーとそこは安心できた。
飲むヨーグルトも殆ど口に入れず。バニラヨーグルトだけはしっかり食べられてた。

旦那帰宅を境に、テンションが変わったのか、それまでのぐずぐずっぷりが嘘のようにご機嫌に。ちょっとばかし「なんだよー」と思ったりもしたが、ご機嫌なのはいいことだ。というかまあ、旦那は大泣き中の娘に来るなのジェスチャーされたり、寄るともっと酷く泣かれたりと私よりよほど可哀相な扱い受けてたし…。ね…。

この日のエンドレス曲はアンパンマンのマーチ
しかし、前日以上に喉の痛みがあるようで、眠りかけて唾液を嚥下、痛みに起こされ大泣き大暴れ、というエンドレスパターンになり、最後には布団も嫌がり寝るのを拒否。バタバタと私と旦那が眠気に倒れてる間をウロウロしながら、たまに泣いて、を繰り返してた。明け方やっと深い眠りにつけていた。
このときの寝姿を見るに、この状況ではうつぶせ寝がいちばん楽な睡眠スタイルなのかもしれない。
しかし、うちの娘は通常時寝付くときはほぼ絶対仰向けなんだよなー…。

4日目(8/14)
午後に起きてきた娘、夜明けまでの状況は嘘のように殆ど泣かない。唇あたりの痛みは改善された様子で、よだれだらだらも無し。ただし嚥下のたびに泣きながら抱きついてくる。
熱も下がっていたので、病気がわかってから初めてのお風呂(シャワー)。
ただ、喉の方がまだかなり痛むようで(もしかしたら前日よりも)、相変わらずバニラヨーグルト様と飲むヨーグルト様出ずっぱり。…とはいっても、バニラヨーグルトも口をつけられなかったりしていた。
夜、細麺のくてくてうどんを食せていた。多分噛んでない。細くて柔らかいから、飲み込むときに楽なのかな?と推測。

寝ては嚥下の痛みに起きるパターンは相変わらず。この日はどの曲も拒否。前日よりは楽なものの、それでも最終的にきちんと深い眠りにつけたのは、3時頃と思われる。

5日目(8/15) ←本日
殆ど泣かず。嚥下のたびに泣きながら抱きつく率も減ってきた。
着替えの際、自分で被りTシャツを選んで持ってきていた。
おかゆを出してみたけど、おかゆは拒否。飲むヨーグルト以外の飲み物、ビフィズス菌飲料を飲めていた。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hayamisay.blog62.fc2.com/tb.php/207-4fd7073d

Twitter「つぶやく」ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。