スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスツリーの飾り方 

 子ども時代ぶりに、まともにクリスマスツリーを飾った。まだ途中。
 来年以降のために、センスは問わない(問うかも知れない)ポイントを、調べた限りでまとめておく。
 今年はやり始めてからいろいろポイントを見つけたから、あまり徹底はできてない。
 器用な人は有利。センスある人も有利。そういう方はきっと、読まない方が(独特の)いいツリー作れる。


我が家のクリスマスツリー詳細

・ツリー本体 120cmヒンジ型(ラウンディッシュツリー) 1本
 ※あとからアトランティックツリー(120cm)も良かったかなーなんて思ったけど(葉っぱが丸いのできっと可愛い)、まあいいか。購入したのも不満があったのは取り出した直後だけだった!評判通りのわさわさだった。

・オーナメント 1セット(モール抜きチェーン使用)+別売クリスマス ストローオーナメントセット 金&赤の色構成。
・電飾 LEDソーラーライト パーフェクトソーラー イルミネーション 80球 ゴールド エコエコ。想像以上に優秀。

ツリースカート?なにそれ知らなかった。まあ、いいのがあればそのうち…。

順番
1.ツリーを組み立てて枝を広げる。
2.電飾を巻く・飾る。
3.モールやチェーンを飾る。
4.ボール状のオーナメントを飾る。
5.でっかいオーナメントを飾る。
6.少し気を抜いて遠目から眺める。電気を付けたり消したりする。

7.ちょいちょいバランスを直す。
8.小さいオーナメントを飾る。
9.気を抜いて遠目から眺める。あと写真撮って見たりする。
10.ちょいちょい直す。


9と10を繰り返す。
11.気が済んだら完成。

ポイント

1.ツリーを組み立てて枝を広げる。 うちは「ヒンジ型」というのを購入したので、それの話

・下の枝から広げる。上の枝は、邪魔なら紐とかで固定させておく。
・わっしわっし四方八方に広げる。あんまり上に向けすぎると、あとでオーナメント飾りにくいかも。平行に広げすぎても可愛くないので、その辺は適当に。「なんかこの辺だけ密集してる…」とかを重点に見た方がいいかも。「中が見えちゃう」「なんかすかすか?」とかはこの時点でそんなに気にしなくていい。なぜなら、どうせオーナメント飾るときに枝をいじらざるを得ないから。あ、全部ワイヤーで括り付けるオーナメントの人は、ここで徹底的にやった方がいいのか。
・枝をほんのり上方向にそらせると、かわいく元気のある感じになる。軍手してわしわし。ただ徹底しようとすると、すっごくめんどくさい。わっしわっし。
・ある程度の大きさのツリーだとパーツにわかれてるけど、つなぎ目部分は目立たないよう慎重に。うちのはツリー自体が優秀だったのであまり目立たないけど、これむずい。なんかコツあるのかな。

2.電飾を巻く・飾る。 飾る前に、電球が切れてないかチェック。

・ツリーを部屋の隅に置く場合は、上からいろは坂(S字ともいう)を描くように。うちは2/3ほどにぐりぐりした。
・360度素敵にしたい人は、螺旋状にぐるぐると。
・コードはなるべく中に突っ込む。邪魔だし。葉先で光らせたいとか、素人は考えない。どうしても葉先を光らせたいなら、そこに鏡面やらぺかぺかオーナメントを飾ると反射してくれるかも。
・電球は外側を向かせる。
・ぺかぺかさせて和む。まあまあの間隔で光るようにちょいちょい調整する。個人的な好みでは、完全な等間隔だとつまんない。

3.モールやチェーンを飾る。 モールは結局挫折して撤去したので言及無し。あいつむずい。

・チェーンを巻くときはだるんだるんさせる。幼稚園の、折り紙切って作った鎖の飾り付けみたいな感じで。このひとつひとつの「だるん」が、きれいに弧を描くとかわいくなる。しかしまだまだ枝を動かしたりすることが多いので、まあ大雑把に。


4.ボール状のオーナメントを飾る。
5.でっかいオーナメントを飾る。


・ぶら下げオーナメントは出来る限りまっすぐに「ぶらさげる」。糸やオーナメントが地面と垂直になってるほうがきれい。でもまあ、枝動かしたりするので開始時点では適当に。
・でかめのボールのオーナメントは、枝の奥めに吊す。なのでオーナメント系では最初に吊す。ツリーがゴージャスに見えるらしい。
・でかいオーナメントから順に飾る。
・どこかに偏らないように、色味ができれば等間隔になるように。
・平たいオーナメントは枝先に、立体的なのは枝の奥でもまあOK。
・チェーンなどの「だるん」の角(?)にオーナメントをかぶせると可愛い。同時進行のがいいかも。

6.少し気を抜いて遠目から眺める。電気を付けたり消したりする。
7.ちょいちょいバランスを直す。


・遠目から見ないと、人間付けやすいところにつけまくったりしてるもんなんです。
・うちの場合、下の方のオーナメントが、付ける先から娘に誘拐されているのに、離れて見るまで気づかなかった。
・あと、オーナメントを「まっすぐ吊す」。こっちをまっすぐにするとあっちがへにょんと枝の上に…とか多すぎ。

8.小さいオーナメントを飾る。

・この作業がいちばん楽しい。
・個人的には、いろんな色を追加するのは(うちの場合だと赤・金以外の色)このくらいの大きさに少量程度がいいのかなーと。なさすぎてもつまらない…。

9.気を抜いて遠目から眺める。あと写真撮って見たりする。
10.ちょいちょいあれこれ直す。

9と10を繰り返す。


・上記すべてを考慮しちまちまと。
・わさわさの枝の中、いかにオーナメントを「まっすぐ吊す」かとの戦いともいってもいい。うちはまだここ。でも、確かにきれいに見えるんだよね。
・あと、オーナメントの糸の長さの把握が難しくて、バランスというものをとるのにしんどい。いっそ全部ワイヤーにつけかえたろか…などとも思ったけど、それも味が無くてつまらない。

11.気が済んだら完成。

 ついでに、小さいお子がいるご家庭では、プレゼント箱の形を模したオーナメントは、使わない方がいい。
 今日の昼にうちで遭ったことなのだけど、娘がオーナメントを取っていじる。リンゴの飾りが大層お気に入りらしく、よく誘拐されてる。それはまあよくあるし、別にいい。前述のプレゼントの形を模したオーナメント(箱の飾り)をいじり、中が気になったのか破壊。それもまあいい。というか、破壊される覚悟なしに飾らん。問題はそのあとで、箱の飾りの中身は発泡スチロール。娘はいちいち粉々にしたあげく、居間の窓を、高さ1mあたりにある鍵をロックを外して鍵を開け、下方にあるロックも外して、外にまき散らした。
 掃除、大変でした。今日風強かったし。

 さらについでに、この二重ロックを突破されたのはおそらく今回が初めて。だめなことはだめということ聞く前に、脱走の心配をしなくちゃいけなくなるとは…。

参考サイト
吉谷桂子のガーデニングブログ:私流クリスマスツリーの飾り方
クリスマスツリーの飾り方 - ハンズTV - 東急ハンズ(動画)
東急ハンズ:クリスマスツリーの飾り方 step03 オーナメントを飾る(Youtube)

ありがとうございましたー!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hayamisay.blog62.fc2.com/tb.php/210-c8e66aa7

Twitter「つぶやく」ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。