スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルビッグプラネット:PS3 


 先日からそこそこハマってることを伝えておりますリトルビッグプラネット。略称LBP。公式ページはこちら

 仕掛け満載の2.5Dマリオって感じですかね。クラッシュバンディグー系とか。アクションゲームという奴です。物を引っ張って移動させて上に乗ったりして、バブル(マリオでいうコイン)などを取って、ステージごとのゴールを目指すゲーム。

 …ちなみに、私はこういうのは、ものすっごいヘタだ。マリオをやらされた時なんて、すぐにAボタンとBボタンの区別がつかなくなるので、避けようとしてクリボーに突進して死ぬとか、ファイアーボール出しながらなんでもない隙間に落ちるとか、やらかしまくってるタイプ。
 このゲームでも、もちろん結構酷いことになってた。最初のうちなんて、紐にぶら下がることもできず、毒にハマりやりなおしを余儀なくされてたりとか、掴まれたはいいけど次の陸地に着地できず、いつまでも紐にぶら下がってるとか。でも昔よりはうまくなってた、うん。鍛錬大事だね。

 リビッツと呼ばれる、いわゆる自分キャラを操作する。普通に行動を操作できるだけでなく、腕を自在?に振り回せたり、表情を変えたり、そういうことも可能。針に刺さったり、燃えたり、水に濡れたり、毒に触ったり、電気に当たったりすると、「ピギイ!!」という声とともに消え、ステージ上のチェックポイントである光の輪から出てくる。いわゆる「死んだのでやりなおし」ですね。ぬいぐるみ設定の癖に、毒でダメになったり電気に当たってダメだったりってのはどーなんだろうと思うけど。あ、踏みつぶされてもだめだけど、たまに結構もちこたえたりもするところは、さすが。
 走ったり、ものに掴まってぶらぶらしてたり、踏ん張ったりしてるのはもう見事に愛らしいです。無駄にぶらぶらさせたり。操作してるの自分なのに、何故か「ガンバレー」とか声かけてたりする。昔聴いたことのある人の話で、チャリで坂道を登る時に「○○ー(チャリの名前)、ガンバレー、○○ー、ガンバレー」と声かけるというのがあって、無茶苦茶大笑いしたんだけど、気づけばこれ、かなり似てる状態なんではなかろうか。しまった。
 …閑話休題。嬉しい機能として、こいつ自身に、ものを付けたり張ったり着せ替えさせたり、色々カスタマイズできる。ちなみに、一緒に遊んでる自分以外のリビッツにも付けたり貼ったりできるんで、ぺたぺたしだすと無茶苦茶なことになったり。私はこれ大好きなんだけど、やりすぎると相手の不興を買うと思います、はい。各ステージ毎に、素材アイテムがバブルに入って置かれてたりするので、それを集めるのもプレイの楽しみの一つ。アイテム取得達成度とか出たりするので、コンプ魂があると結構燃える。自分でステージを作る気がなければ要らないアイテムとかもあるんだけど、そんなものは関係ありません。100%大事。ってリビッツのことだったのに話がずれた。
 元のリビッツは公式とかでもあるような茶色いアレ。私のリビッツはこんなです。名前知りたい人は、共用なんで、個人的にこっそり訊いてください。

LBP.jpg

 この角度だと見えないけど、魚のしっぽが生えてます。…初めてPS3からjpg移したけど、画像ちっさいなあ…。大きく撮影することはできるんかなこれ…。
 ポッド(と呼ばれる、いわゆる自室)もカスタマイズ可能で、コンナカンジで飾り付けしてます。
pod.jpg

 あーほんと画像ちっさいなー…。リビッツが7cm設定だから仕方ないのかな。(多分関係ない)

 さてプチ満足は置いといて、ゲームの本題を。
 大雑把な構成としては、ストーリーモードとコミュニティーモードがある。

 ストーリーモードは、ステージをクリアするごとに、次のステージに行けるようになる。配置されているアイテムに鍵があるんだけど、それを取るとミニゲームステージが開いたりとか。とにかく、一回ゴールに入りさえすれば、次のステージを直接選べるようになる。…んですが。
 さすがに私では、もう後半は自力ではゴールにたどり着けなかった。2時間くらいかかって、結局アイテム達成率25%で諦めたステージとか…。まあ%が最悪だったのはボスステージの0%ですけど、あれはねえ…。リビッツが「ピギイ!」っていわなければ、根性次第でクリアしてやるんだけど。(実際、そういうステージはそこそこあった)
 ちなみに、通常、ソロでの初クリア時のアイテム達成率は70%くらいだと思う。大抵、先のステージで取得するステッカー(アイテムの種類)が必要な仕掛けや、協力プレイでないと取れない場所とかあるんで、どれだけ慎重に隠しバブルを見つけても100%は無理。
 オンラインに接続すると、このストーリーモードの協力プレイが出来たりする。先ほどいった通り、数人でやらないと解けない仕掛け、ひいては取得できないアイテムがあるので、結構ちょこちょこつないでます。もうひとつコントローラーがあれば、旦那と出来るんだけどね。でも4人必須とかもあったからなあ…。初めてあれを見たときは、旦那と声を揃えて「4人!?」と叫んでしまったよ。3人も見たことなかったのに。
 外人さん多いしチャットはしにくいしで、まともに協力プレイして、目論み通りそのステージのアイテム取れるのは、5回チャレンジして1回当たれば良い感じだけどw 目的がかっちりあった人とは、次のステージとか別のステージとか、なにもいわないまま、人形の表情や身振り手振りで意思疎通して、連れだってしばらく遊んだりするわけです。まー私は根性ないから、すぐ「i'm tired. gtg,bye」とかでやめちゃいますが。そういえば、日本語の名前の人以外は、日本人扱いしてないけど、もうちょっと丁寧にいったほうがいいんだろうか。でもチャットめんどい。キイボードはつけてもらったんだけど、PS2の時のなので、いちいち手順を踏まないとまともに喋れないんだもん(追記:ちょっと調べてみたら、LBPの仕様みたいです。具体的にどういう状況かというと、Tabキー押すなりして発言入力画面を開かないと、ローマ字入力を受け付けてくれない)。ボイスチャットだととっても楽なんだろうなあ。飛び込みだとやる気になれないけど、知り合い同士なら。まあそんな感じで、楽しくやれます。たまに、入るなり、ひたすら突進して死にまくって邪魔する人もいるけど。あ、ヘタで死んでるって話じゃないよ。(それはもう人のことをいえるわけがない)
 序盤に「もうやめたい」とへこたれたステージは、ボムボムタウン。サボテンがうまく越えられなくて、何度もやり直した。今は5回に1回は越えられるようになった。細い足場にうまいこと立つというのが、最も苦手な技らしい。旦那曰く「フツー、そういうとこっていちいち立ち止まらないでぽんぽんと飛び越えるんだけど」とのことだけど、それがまったく出来ないから立つんだ。まったく同じ理由で泣いたのは、そのしばらくあとの「忍々道場」ステージだけど。…まあ、それ以降はもう、自力クリアは諦めましたんで…。アイテムコンプ目指すぞ、おー。

 コミュニティーモードでは、人様が作って公開しているステージなどを遊べる。まだ私はやったことがないんだけど、やっぱり神業な人がいるようで、あちこちのサイトでお勧めステージが紹介されてたりします。あと、入ったことはないけど、「日本人」で検索すると「日本人待合室」というステージも出てきます。ナルホド、と感心してしまった。

 あとは大事?なクリエイトモード。凝る人はもう無茶苦茶凝るだろうなあ…と苦笑したくなるほど、かなり良い感じにいじれる。ただし、面倒くさい。いや…面倒臭いは面倒臭いんだけど、ここまで家庭用ゲーム機でいじれるっていうのは、相当すごいことなんじゃないかと思う。仕掛け考えるのとか、遊び心満載の箱庭作りが好きな人は、是非参戦してみて欲しいなあ。…私は仕掛けは解くのが好きなだけなので…。

 とまあ、こんな感じですかねえ。
 はっきりいって、リビッツ同士でじゃれてるだけでも、かなり遊べる。息の長い作品になるんじゃないかな。希望的観測だけど!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hayamisay.blog62.fc2.com/tb.php/76-c8723128

Twitter「つぶやく」ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。